page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・パリ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

パリの日曜日、ブランチは市場で楽しもう!


掲載日:2007/09/20 テーマ:観光地・名所 行き先: フランス / パリ

タグ: ショッピング 市場


不思議な名前の市場

孤児院跡は今は普通のアパルトマン 孤児院跡は今は普通のアパルトマン

パリに現存する市場のなかで一番の老舗。それは、マレー地区にあるMarche des enfants rougesです。赤い服を着た子供達の市場、という不思議な名前の市場。実はこれ、十六世紀に、すぐ横のArchive通り90番地にあった孤児院にちなんで付けられた名前なのです。この孤児院は修道院経営だったので、子供達は、キリスト教徒にとって大切な美徳である「慈悲」を象徴する赤い服を着せられていました。この孤児院が取り壊されると、近所の人々は、赤い服を着て道端で遊んでいた子供たちの思い出に、市場にこんな名前をつけたということです。

コミュニケーションの場でもある市場

入り口の高級肉屋でハムなどを買ってみるのもどう? 入り口の高級肉屋でハムなどを買ってみるのもどう?

入り口には年期の入った門が構えていますが、中は意外と小さめです。入って右奥には、テラスでブランチやコーヒーを楽しめるキャフェがあります。フランスでは、日曜日の朝はゆっくり休んでから、その後、大きな籠を持って一週間分の食料のまとめ買いをしに市場に行くというのがよくあるケースです。そして、すれちがった顔見知りの人と話がはずんで、そのままキャフェに座っておしゃべり、そんな出会いの場としても市場は一役買います。どちらかというと、お値段は高めですが、品質も上質といえます。

パリで一番活気溢れる市場と言えば Marche d'Aligre

チーズ屋さんで、イチジク入りの山羊乳チーズを買ってみました チーズ屋さんで、イチジク入りの山羊乳チーズを買ってみました

通称Marche d'Aligreといわれているのは、Marche Beauvauの建物とその周辺一帯の青空市場のことです。Marche Beauvauは1776年に建設されたもので、建築物としても一見の価値ありです。中には、鹿肉やイノシシの肉などを扱っている高級肉屋、カリブ海に浮かぶ仏海外領土アンティーユ諸島のめずらしいクレオル料理を扱っているお店もあります。品質と安さには定評があり、メトロを乗り継いで、毎週買い出しにここまで来る人々も多いということです。

【関連情報1】

色鮮やかな野菜や花、灰色の秋空を明るくしてくれます 色鮮やかな野菜や花、灰色の秋空を明るくしてくれます

Marche Beauvau正面にあるアリーグル広場には、小さな蚤の市もたちます。古着やアンチーク家具から、屋根裏にあった単なるガラクタを売っている素人まで様々。そしてアリーグル通りには青空市場がびっしり立ち並んでいます。買う人は列を作って辛抱強く待っているので、一番後ろの人を探して順番が来るのを待ちます。割り込む図々しい人には厳しい一瞥を送りましょう。
お惣菜屋さんも多いので、おいしそうなお惣菜やチーズ、パンを買って近くの公園のベンチで食べたりするのも楽しいもの。パリの秋日和、レストランでは体験できない味を、市場に探しに来てくださいね。

【関連情報2】

Marche des enfants rouges:火曜日から土曜日は8h30-13h,16h-19h30.日曜日は8h30-14h Marche Beauvau:毎日9h-13h,16h-19h,日曜日9h-13h,青空市場と蚤の市は日曜日の午前中。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/09/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索