page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・パリ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

夢にまで見た本場クレープ、こころゆくまで堪能しよう


掲載日:2007/10/11 テーマ:グルメ 行き先: フランス / パリ

タグ: おいしい グルメ レストラン


「寒い!」と敬遠されがちだったブルターニュ地方、最近、静かなブーム

バグパイプに合わせて道で踊る人もいれば、木に昇ってパレードを見る人も バグパイプに合わせて道で踊る人もいれば、木に昇ってパレードを見る人も

フランスの北西部にあるブルターニュ地方は、独自の言語(ケルト系ブルトン語)をもつ、誇り高い人々が住む地域。真夏でも涼しいため、ここ数年、猛暑を避ける人々のバカンス先としても、人気が上昇しています。また、美味しいもの、とくにヘルシーな魚介類をリーズナブルな値段で食べられる、これも、最近のブルターニュブームの理由でしょう。この9月の20日から23日にかけて、パリでは「ブルターニュのエスプリ」というイベントが行われました。これは、ブルターニュの音楽、食文化、ダンスなどをめぐるフェスティバルで、最終日は、三千人近いミュージシャンが、バグパイプの音に合わせてシャンゼリゼをパレードしました。

ソバ粉のクレープ・galette

ここでは、注文してからクレープを焼いてくれますが、巷には、すでに焼いたクレープを暖め直す不埒な職人もいる ここでは、注文してからクレープを焼いてくれますが、巷には、すでに焼いたクレープを暖め直す不埒な職人もいる

日本でもおなじみのクレープ、フランス料理とはいっても、じつはブルターニュの地方料理です。食事に出て来るのはソバ粉のクレープで、これを「galette」といいます。中に入れるものは、塩入バター、チーズ、卵、キノコ、などいろいろあり、その中から「チーズと卵」、「生クリームとキノコ」など好きな組み合わせを選びます。クレープ通は、レストランに行くと、料理人の腕を知るために、まず、「バターだけの」galettes au beurreを選ぶと言われています。あまり欲張っていろいろなものを入れず、ソバ粉の生地のパリパリ具合を味わうのが真髄ということでしょう。

デザートクレープもいかが?

早く食べないとせっかくのホイップクリームが溶けるー! 早く食べないとせっかくのホイップクリームが溶けるー!

普通の食欲ならば、galetteを2,3枚頼み、その後、デザートへ進みます。デザートは小麦のクレープで、Crepeと書きます。中に入れるのは、チョコレートソース、蜂蜜、マロンクリーム、レモン、アイスクリームなど。豪華にしたければ、バナナ、チョコ、ホイップクリーム,または、ラム酒やウィスキーでフランベというのがおすすめ。飲み物は、cidreといわれるリンゴ酒(アルコール分5%ほど)、lait ribot(少し凝固したミルク)がよく合います。

Ti Josで本場の味を!

パリに住むブルトン人なら知らない人はない老舗 パリに住むブルトン人なら知らない人はない老舗

じつは、パリで本当においしいクレープレストランというのは、数えるほどしかありません。でも、ここTi Josは、胸を張ってお勧めできます。1937年創立という年期もありますが、お料理してくれるソレンさんも店主も生粋のブルトン人。お昼はクレープだけですが、夜は、その他のブルターニュ料理を注文できます。階下にはブルターニュ産ビールを飲みながらケルト音楽(ブルターニュはケルト語圏)を聞けるスペースがあり、金曜日の夜は、10時過ぎからコンサートもあります。

【関連情報】

■Ti jos
住所:30 rue Delambre,75014,Paris
メトロ:Edgar quinet,Notre dame des champs
休み:火曜日の夜、土日の昼
URL:www.restaurant-tijos.com

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/10/11)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索