page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・パリ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

奇跡のメダル?「巣鴨のとげぬき地蔵」にも匹敵するパリのマジカルワールド


掲載日:2007/11/12 テーマ:観光地・名所 行き先: フランス / パリ

タグ: おいしい お土産 グルメ 教会


19世紀から続いている巡礼地がパリの真ん中に

真剣にお祈りする人々の心がビリビリ伝わってくる礼拝堂 真剣にお祈りする人々の心がビリビリ伝わってくる礼拝堂

Rue du Bac、物欲に取り憑かれた人々が有名ブランドの大きな紙袋を抱えて行き交うこの通りに、カトリック教の巡礼地があります。それは「奇跡のメダル」聖母礼拝堂。キリスト教信者なら一生に一度はお参りに訪れるといわれている重要な場です。1830年に、カトリーヌ・ラブレーというシスターがここで聖母マリアの出現を体験し、聖母から奇跡のメダルを与えられ、「これを広めるように」とのお告げを受けました。1832年にパリを襲ったコレラ伝染の際、多くの人々がこのメダルによって治り、快方に向かったことから、庶民に信仰されるようになりました。今でも、礼拝堂横の売店でメダル6個入りを2ユーロ買うことができます。

デパートの先駆けを演じた「Le Bon Marche」

あまり知られていませんが、なんとギュスターブ・エッフェルもデザインに参加 あまり知られていませんが、なんとギュスターブ・エッフェルもデザインに参加

この礼拝堂の両脇にあるのは、パリで一番古いデパート「Le Bon Marche」。エミール・ゾラの「ボヌール・デ・ダム百貨店」という小説のモデルになりました。19世紀末に書かれたこの作品、急速に発展するデパートの経営者オクターブと、売り子ドニーズの恋を描いていますが、周囲の小売店を破滅させながら貪欲に発展していく大商業資本の到来を背景にしています。モード館とグルメ館「La Grande Epicerie Paris」に分かれていますが、とくにオススメするのはグルメ館です。

「見るだけ」というのは辛すぎる

おいしいセルフサービスのレストランもあり、お昼時は賑わいます おいしいセルフサービスのレストランもあり、お昼時は賑わいます

お惣菜コーナーは、イタリア、ギリシャ、中華、モロッコ、フランスなど、各国別のスタンドでテイクアウトできます。日本のデパ地下にも負けない豊富さで、見ているだけで楽しいですね。その他、食料品ならどんな珍しい輸入品でもあります。たとえば、オイルコーナーにはオリーブオイルだけで70種程も、ジャムコーナーには100種類ほど。FauchonやHediardのコーナーもあるので、おみやげをまとめ買いするのにも便利なお店です。

トーストした薄切りのパン・ポワランに塩入バターを塗って食べてみて!

ビスケットもなかなかおいしい! ビスケットもなかなかおいしい!

近くには、日本でも有名な「pain poilan」の元祖、rue de cherche midiの本店があります。現在はポワラン家の三代目が店主というこのお店、創立されたのは1932年のことです。第二次世界大戦後、フランスでは中身が白いバゲットが流行るようになり、全粒粉を使った黒パンは「戦中の苦しい生活を思い出すわ」と言って敬遠されるようになり、ポワランも低迷。それでも、薪釜、天然酵母、石臼で挽いた全粒粉という三点に執着し、頑固なパン作りを徹底したポワラン家。最近の健康ブーム、ビオブームで、再度世界的に見直されました。ちょっと酸っぱくて、ザラザラした舌触り、60年前のフランス人が食べていた「ほんまもんのパン」の味を体験できます。

【関連情報】

上にあるメダルが聖母様がシスターラブレにお与えになった奇跡のメダル 上にあるメダルが聖母様がシスターラブレにお与えになった奇跡のメダル

■Notre Dame de la Medaille Miraculeuse:140 rue du Bac,75007,Paris 最寄りのメトロはsevres babylone駅
開館時間;7時45分から13時/14時30分から19時
■Le Bon Marcheモード館:24 rue de Sevres,75007,Paris
月曜日から土曜日:10時から19時
閉店日:日曜日
■Le Grande Epicerie de Paris:38 rue de sevres,75007,Paris
月曜日から土曜日:8時30分から21時
閉店日:日曜日
■Poilane:8 rue du cherche midi,75007
月曜日から土曜日:7時15分開店、19時30分閉店
休店日:日曜日
www.poilane.fr(英語あり)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/11/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索