page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・パリ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

海を感じたくなったら…モルビハン湾に浮かぶ島「イル・オウ・モワンヌ」へ


掲載日:2007/11/20 テーマ:観光地・名所 行き先: フランス / パリ

タグ: レストラン 遺跡 美しい


冬でも暖かいことで有名なイル・オウ・モワンヌ

典型的なile aux moines の家。ブルトン人は花好きなうえ、一年中比較的暖かいので、椰子の木やレモンの木も 典型的なile aux moines の家。ブルトン人は花好きなうえ、一年中比較的暖かいので、椰子の木やレモンの木も

パリも楽しいけれども、時折、潮の香りが無性に懐かしくなるという方にオススメなのは、ブルターニュ地方のモルビハン湾にある小島、Ile aux moines。瀬戸内海に似た風景で、小さな島々が43島、でも、人々が暮らしているのはそのうちわずか15島です。パリのMontparnasse駅からTGVに乗って3時間で着くVannes駅で降りて、駅前からタクシーに乗って15分で波止場Port Blancに到着(約30E)。そこで30分おきに運行される渡し船に乗ればわずか5分で、小さなヨットハーバーのあるIle aux moinesに到着します。

強い女性たちの島

海辺に沿って、島中を歩けます 海辺に沿って、島中を歩けます

島の面積は310ha。Ile aux moinesというのは、「お坊さんの島」という意味ですが、それは、以前、この島が近郊のカトリック修道院の所有地であったことに由来しています。昔から、この島に住む男たちは船乗りが多く、年中留守がちでした。残された女性たちは、自ずと島の経済を担うようになり、それとともに彼女たちの発言権が強くなりました。そんなこともあって、この島では、男性から女性にプロポーズするのではなく、女性が自分から「私、あなたといっしょになることにしたわ」といって、夫を選ぶそうです。

歩いて島全体をまわると、一日に何度も色を変える海景色を楽しめる

真っ青な南の国の海も良いけれども、数分おきに色彩が変化するブルターニュの海景色もなかなか 真っ青な南の国の海も良いけれども、数分おきに色彩が変化するブルターニュの海景色もなかなか

海軍士官とその家族が休暇を過ごしに来ていたというこの島、今でも、瀟酒な家がたくさんあります。もちろん現役の漁師をはじめとした、一年中ここで暮らす人々もいて、現在、住民数は600人。バカンス時には、人口が十倍に増えるといわれています。最長7kmという距離、しっかりした靴があれば、島中、隅から隅まで歩き回ることもできます。舗装道路ももちろんありますが、海に沿って歩く散歩道も整備済み。ひとつは墓地からLa pointe du trechまで、もうひとつは、KergonanからPen hapまでで、内海の景色を楽しめます。島民のために、小型バスも2台走っているので、疲れたら、どこででも手を挙げれば、乗せてくれます。

古代巨石文化の遺跡を見物

よく結婚式の披露宴が開かれる、ハネムーンホテル よく結婚式の披露宴が開かれる、ハネムーンホテル

イル・オウ・モワンヌには、約七千前にも人が棲んでいたという証拠、新石器時代の巨石文化の遺跡が現存します。kergonanにはメンヒル(立石)が24個立ち並んでおり、Pen hapにはドルメンというテーブルのような形をした巨石が残っています。テーブルといえば、この島では、もちろんおいしい海産物が食べられます。渡し船の発着所の正面にあるhotel san francisco、市役所広場のchez les garconsにはおいしいシーフードメニューがあります。この2軒はホテルも経営しています。また、感じのいい典型的なブルターニュの石造りに藁葺き屋根の民宿kerisaなら、島の生活の真髄に触れることができるかもしれません。

【関連情報】

これが渡し船。正面がIle aux moines。夜7時までの運行なので遅れないようにね これが渡し船。正面がIle aux moines。夜7時までの運行なので遅れないようにね

■TGVは全席要予約:www.sncf.com(英語)
■ile aux moinesについての英語サイト:www.iles-du-ponant.com
■Hotel le San Francisco(一泊85Eから120E) tel:02-9726-3152
www.le-sanfrancisco.com(英語)
■restaurent chez les garcons
rue du commerce
tel:02-9726-3250
■Kerisa (一泊65Eから100E)
rue du presbytere
tel:02-9726-3252
www.kerisa.com

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/11/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索