page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・パリ・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

フランスにないの〜?みんな大好きショートケーキ


掲載日:2007/12/25 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: フランス / パリ

タグ: おいしい スイーツ 甘い


苺のショートケーキは日本の代表ケーキ

パリでは珍しい?苺のショートケーキ“MATSURI”3.80ユーロ(約570円) パリでは珍しい?苺のショートケーキ“MATSURI”3.80ユーロ(約570円)

ケーキというと真っ先に思い浮かべるのが、苺と生クリームでデコレーションされたショートケーキ。若かりし頃、初めてのフランス旅行の際、洋菓子の本場で美味しいショートケーキを食べたいわ……なんて思っていましたが、実はショートケーキって、日本のケーキだったのです。フランス風のショートケーキは、フレジエというバタークリームと苺のケーキ。フランス菓子に恋焦がれてパリに来たものの、たまには苺と生クリームたっぷりの母国のケーキが恋しくなります。まして、フランスの美味しい乳製品を使ったショートケーキを作ったら絶品だろうな……。
ということで、今回はパリでショートケーキを食べれるサロン・ド・テをご紹介致します。

パリで食べるショートケーキ“まつり”

フルーツがこぼれおちそう!!シャルロット・フランボワーズ フルーツがこぼれおちそう!!シャルロット・フランボワーズ

16区の高級住宅地、ブローニュの森の程近くに、パティスリー ヤマザキがあります。ヤマザキ??そう、実はココ、日本のヤマザキパン経営のケーキ屋さんなのです。な〜んだ、山崎パンかぁと思うなかれ、日本の大量生産とは違い、ショップの地下にあるラボでフランス人シェフの下、優秀なパティシエたちが丁寧にフランス菓子をこしらえているのです。パリのケーキ屋さんガイド本でも、5つ星中4つ星の評価を与えられている程、人気のお店。路面に面したショーケースには美味しそうなケーキがきれいに陳列されています。そんなケーキの中に“MATSURI”3.80ユーロ(約570円)と名付けられたショートケーキも。1日に12個限定なので、必ず食べたい時はぜひ予約をしてお出かけください。
サロンのスタッフは日本語OKなので、日本語で気軽にお問合せが出来ます。

バゲットサンドに飽きたら……?

ふわふわ食パンのサンドイッチ ふわふわ食パンのサンドイッチ

パリで食べるバゲット。始めはおいし〜い!!って感動しっぱなしですが、毎日食べ続けたら、ちょっと柔らかいパンも恋しくなります。そんな時、こちらお店では、食パンを使ったタマゴサンドや12種類のキッシュ、ランチのセットメニューなどもあるので、ブローニュの森へお出掛け際のランチにもオススメです。私はパリ滞在中、歯の痛みに悩まされ、しばらく、ハード系のパンやバゲットを断ち、ヤマザキの食パンをかじっていました。クロワッサンや、パン・オ・ショコラ、ブリオッシュ、パン・オ・レザンや焼きタルト等々正統派フランス菓子もどれも出来たてで美味しいので、ぜひお試しください

【関連情報】現役パティシエ田中知子のお勧めパティスリー

色とりどりのケーキが並んだYAMAZAKIのショーケースは見てるだけで楽しい♪ 色とりどりのケーキが並んだYAMAZAKIのショーケースは見てるだけで楽しい♪

■パティスリー ヤマザキ(Patisserie YAMAZAKI)
住所:6,chauss Muette -75016 PARIS
電話:01 40 50 19 19
営業時間 :月〜土 8:00-19:30  日、祝 9:00-19:00
メトロ:La Muette(9番線)

高級住宅地16区にある山崎パン直営のサロン・ド・テです。
ふわふわのスポンジと生クリームが恋しくなったら是非こちらへ。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/12/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索