page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・パリ・鉄道の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

遊び心いっぱい! パリの地下鉄、メトロの駅構内も見逃せない!


掲載日:2008/01/10 テーマ:鉄道 行き先: フランス / パリ

タグ: ショッピング 音楽 地下鉄


感動のミュージシャンに会えるかもしれない

ホームに降りるにはエスカレーターに乗ったほうが無難。階段だと104段あります ホームに降りるにはエスカレーターに乗ったほうが無難。階段だと104段あります

2008年で108歳を迎えるパリの地下鉄、メトロ。乗っているだけで楽しいことがたくさん体験できます。自作の詩を朗読して小銭を乗客からもらう詩人から、その場でレコード会社の人にスカウトされてしまう、ジプシーの天才ヴァイオリン弾きまで。ひと昔前までは、ひどい音楽も否応なく聞かされたものですが、今は、オーディションを通ったミュージシャンしか演奏許可がもらえないので、かなりレベルが上昇。

伝統と斬新さ、あなたはどちらが好き?

「夜遊び人たちのためのキオスク」というタイトルのPalais Royal駅入り口 「夜遊び人たちのためのキオスク」というタイトルのPalais Royal駅入り口

1900年、パリ万国博覧会をきっかけに建設されたメトロ、今では全部で14本、361駅あります。その中には創立時代からあるアール・ヌーヴォー様式の駅もあれば、遊び心あふれる新しいデザインの駅も。たとえば12番線のAbbesses駅入り口は1900年代にギマールによって建設されたもの。それと対照的なのは、1番線のPalais Royal駅。ジャン・ミッシェル・オトニエルというアーチストによってデザインされた2000年の作品。ギマール時代からの伝統に従って、ガラス、陶器、鋳鉄を使っていますが、でもまったく新しいデザインで、コメディーフランセーズ前の広場を華やかに彩っています。

それぞれの駅に個性を

潜水艦の中にいるみたいなArts et Metiers駅 潜水艦の中にいるみたいなArts et Metiers駅

Arts et Metiers駅構内も見逃せません。工芸学校が近いこともあり、なんと天井には大きな歯車が。デザインしたのは漫画家のフランソワ・シュルターというだけあって、SF映画のセットのようになっています。Concorde駅は一面、白と青のタイルで統一されていますが、タイルのひとつずつにアルファベットが書いてあります。実は、これ、フランス革命時の人権宣言が書かれています。そう、コンコルド広場は革命広場、ルイ16世とマリー・アントワネットがギロチンで処刑された場所です。

今はお買い物エリア、ひと昔前はインテリのたまり場だったサンジェルマン・デ・プレ

シンプルでシック、とてもパリっぽいエスプリのSt-germain-des-pres駅 シンプルでシック、とてもパリっぽいエスプリのSt-germain-des-pres駅

セーヌ左岸を代表するSt-germain-des-pres駅。ここにあるドゥ・マゴやキャフェ・フロールに集る作家や芸術家を中心に、フランスの20世紀文学や哲学が開花しました。駅構内はシンプルなまっ白なタイルで覆いつくされていますが、ライティングされる場所に、パリにゆかりのある作家の名前や著作が浮かび上がるようにデザインされています。アポリーネール、サルトル、ジョイス、そんな文豪たちが、文学史上に残した煌めきが象徴されています。

メトロの路線地図の入ったシャツや傘、なかなかおもしろいものがあるブティック

「すべての人は、自由、かつ権利において平等」で始まる人権宣言が壁中に書かれているConcorde駅 「すべての人は、自由、かつ権利において平等」で始まる人権宣言が壁中に書かれているConcorde駅

メトログッズを買うことのできるお店La boutique du Metro et Bus-Parisが、Les HallsとCharles de Gaulles駅構内にあります。http://www.souvenirs-metro.fr/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/01/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索