フランス革命発端の地、サン・ジェルマン・デ・プレ

フランス・パリ・観光地・名所の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

フランス革命発端の地、サン・ジェルマン・デ・プレ

掲載日:2008/01/30 テーマ:観光地・名所 行き先: フランス / パリ ライター:夏樹

タグ: お土産 カフェ 街歩き 教会



ABガイド:夏樹

【フランスのABガイド】 夏樹
全ガイドを見る
音楽修行に渡仏し20年。教会オルガニストとして活動する傍ら、日本の女性誌やWEBにフランスの新鮮な話題を常時発信。在仏日本人向けコミュニティー誌「Bisou」や、海外で活動するライター仲間が集るメルマガ「地球はとっても丸い」の編集にも携わる。

ポン・デ・ザール(芸術橋)。正面はルーブル美術館。冬でも、こんなきれいな青空の日があります ポン・デ・ザール(芸術橋)。正面はルーブル美術館。冬でも、こんなきれいな青空の日があります

歩くとギコギコ木造特有の音がする芸術橋、お天気の日はここでピクニックする人たちも

ルーヴル美術館からセーヌ川を左岸につなぐ橋、Pont des Arts(芸術橋)は、パリにある37の橋の中でも珍しく、木の橋板でできています。名前にちなんで、すぐそこに芸大があります。渡りきると、正面にあるのはアカデミー・フランセーズ(学士院)の建物。そして、ここからがサン・ジェルマン・デ・プレ。もともとは、中世初期、6世紀に建てられたパリ最古の教会サン・ジェルマン修道院の周りに発展した界隈、辺り一帯が修道院の敷地で、畑の広がる田舎でした。

 

南仏風の小さな広場、ここも修道院の一部でした 南仏風の小さな広場、ここも修道院の一部でした

今は、画廊や流行最先端のブティックが集る場だけれども

修道院とはいえ、もとをただせば、当時のフランス王チルドベールがスペインで略奪してきた、聖人ヴァンサンの祭礼服を大切に秘蔵するために建設したもの。その頃から、カトリック教では、聖人や殉教者の遺品、髪や骨、果ては瓶詰めの血など、遺体の一部を礼拝するようになったからです。武力で奪った物を宝として祀るために教会を建設するなんて、ずいぶんひどい話ですが、中世フランスは、まだまだ野蛮で血なまぐさい時期だったのです。近くに、今は、流行のブテックが立ち並ぶrue du four(かまど通り)がありますが、それも、この辺りに修道院のかまどがあったことにちなんでいます。

 

こんなすてきな額縁、おみやげにいいですね こんなすてきな額縁、おみやげにいいですね

フランス人の「批判精神」が育った場

サン・ジェルマン・デ・プレは、18世紀、百科全書派と呼ばれる知識人たちのたまり場でした。彼らは、フランス人が今でも大好きな「批判精神」の先駆ともなった人々で、「なんで王様は私たちよりお金持ちなんだ?」、「神様なんてほんとうにいるの?」という素朴な、でも、当時は禁句だった疑問を投げかけました。そして、カフェというのは、そういう議論が、一般市民の間で盛り上がった場所だったのです。有名なのは、百科全書派の人々が通った、今でも残っているキャフェ、「プロコップ」。店内には、ヴォルテールやダランベールなど百科全書派の著作が並んでいます。

 

色鮮やかな絵の具たち、見るだけでうっとり 色鮮やかな絵の具たち、見るだけでうっとり

「人間皆平等」今ではあたりまえだけれども、3世紀前は新しかったこの思想は、ここで生まれた!

サン・ジェルマン・デ・プレで始まった「批判精神」、これが結局、「王制はもう嫌!人間はみんな平等であるべき」という革命思想につながっていきました。だから、この辺りには革命派の秘密集会が開かれた地下室などが残っています。革命派の中には、処刑者を苦しませずにすむ、というギロチンを発明したギロチン医学博士もいたということです。そして、1789年の革命後、ルイ16世とそのお妃マリー・アントワネットを始めとした貴族の多くが、ギロチンで処刑されました。

 

キャフェ・ラ・パレット。芸大の若者たちでいっぱい キャフェ・ラ・パレット。芸大の若者たちでいっぱい

【関連情報】

■ Procope
住所:13 rue de l' ancienne-comedie,75006 Paris
開店時間:毎日10時半から朝1時まで
www.procope.com(英語あり)
■絵の具屋さん
住所:Esquisse:3 rue des Beaux-Arts, 75006, Paris
www.esquisseparis.fr
額縁屋さん:rue bonaparteに数件

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/01/30)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値パリツアー


最安料金万円

合算 目安 3.50万円10.80万円
旅行代金: 3.5010.80万円
燃油目安: 0.00万円
5日間
東京発

パリ ツアー

成田夜発・5つ星カタール航空利用☆お気軽パリ5日間 スペシャル☆延泊やホテルランクアップも可

ホテル:アダージオ・アクセス・クリシー(パリ)
航空会社:カタール航空 指定

日程表を見る

●スペシャル価格のパリ5日間●会社帰りにそのまま空港へ!便利な成田夜出発。休日はパリで過ごそう!●5ツ星エアライン☆人気のカタール航空利用●延泊、減泊、ホテルグレードUP、航空会社変更、ビジネスグ…

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 目安 4.10万円12.40万円
旅行代金: 4.1012.40万円
燃油目安: 0.00万円
6日間
東京発

パリ ツアー

成田夜発・5つ星カタール航空利用☆お気軽パリ6日間 スペシャル☆延泊やホテルランクアップも可

ホテル:アダージオ・アクセス・クリシー(パリ)
航空会社:カタール航空 指定

日程表を見る

●スペシャル価格のパリ6日間●会社帰りにそのまま空港へ!便利な成田夜出発。休日はパリで過ごそう!●5ツ星エアライン☆人気のカタール航空利用●延泊、減泊、ホテルグレードUP、航空会社変更、ビジネスグ…

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 4.18万円4.30万円
旅行代金: 4.184.30万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
羽田発

パリ ツアー

【出発日限定】羽田発深夜便で行く!パリ5日間 オペラ地区のプチホテル「トゥーリン」指定

ホテル:ホテル・トゥーリング(パリ)
航空会社:エミレーツ航空、カタール航空 のいづれか

日程表を見る

◆航空会社についてカタール航空またはエミレーツ航空のいずれかとなり、最終案内でのご案内となります。羽田を夜に出発しますので、学校やお仕事帰りにご参加頂けます。※乗継時間が8時間ほどのフライトになる…

旅行会社/ブランド:エス・ティー・ワールド

合算 4.80万円
旅行代金: 4.80万円
燃油:旅行代金に含まれています
6日間
羽田発

パリ ツアー

【出発日限定】羽田発深夜便で行く!パリ6日間 オペラ地区のプチホテル「トゥーリン」指定

ホテル:ホテル・トゥーリング(パリ)
航空会社:エミレーツ航空、カタール航空 のいづれか

日程表を見る

◆航空会社についてカタール航空またはエミレーツ航空のいずれかとなり、最終案内でのご案内となります。羽田を夜に出発しますので、学校やお仕事帰りにご参加頂けます。※乗継時間が8時間ほどのフライトになる…

旅行会社/ブランド:エス・ティー・ワールド

合算 4.88万円10.88万円
旅行代金: 4.8810.88万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
羽田発

パリ ツアー

セーヌ川クルーズ付★羽田発≪早割25★カタール航空利用≫パリ2泊5日間 観光に便利なパリ市内ホテル確約!嬉しい朝食付

ホテル:ヴィラ ド メーヌ他ホテルのいずれか(パ…
航空会社:カタール航空 指定

日程表を見る

◆航空会社について中東を代表するエアラインのカタール航空利用のツアーです。東京夜出発でゆっくりご集合いただけますので、学校、仕事帰りでも参加いただけます!◆ホテルについてパリ市内のホテル確約!市内…

旅行会社/ブランド:エス・ティー・ワールド

合算 4.90万円6.45万円
旅行代金: 4.906.45万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
羽田発

パリ ツアー

【IACE☆WINTERセール】カップルも女子同士も男同士も仕事帰りに羽田夜出発!☆すべての人を魅了する麗しきパリ5日間≪パリ地下鉄券5枚プ…

ホテル:キャンペーンクラス(パリ)(パリ)
航空会社:カタール航空、エミレーツ航空 共同運行

日程表を見る

★ファッション・アート・スイーツなど楽しむポイントがたくさんの人気都市パリ 世界中から多くの観光客を魅了してやまない街!何度訪れても毎回違った魅力を発見できるので、リピーターも多い街です。 エッフ…

旅行会社/ブランド:IACEトラベル


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事