page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・パリ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

フランス革命発端の地、サン・ジェルマン・デ・プレ


掲載日:2008/01/30 テーマ:観光地・名所 行き先: フランス / パリ

タグ: お土産 カフェ 街歩き 教会


歩くとギコギコ木造特有の音がする芸術橋、お天気の日はここでピクニックする人たちも

ポン・デ・ザール(芸術橋)。正面はルーブル美術館。冬でも、こんなきれいな青空の日があります ポン・デ・ザール(芸術橋)。正面はルーブル美術館。冬でも、こんなきれいな青空の日があります

ルーヴル美術館からセーヌ川を左岸につなぐ橋、Pont des Arts(芸術橋)は、パリにある37の橋の中でも珍しく、木の橋板でできています。名前にちなんで、すぐそこに芸大があります。渡りきると、正面にあるのはアカデミー・フランセーズ(学士院)の建物。そして、ここからがサン・ジェルマン・デ・プレ。もともとは、中世初期、6世紀に建てられたパリ最古の教会サン・ジェルマン修道院の周りに発展した界隈、辺り一帯が修道院の敷地で、畑の広がる田舎でした。

今は、画廊や流行最先端のブティックが集る場だけれども

南仏風の小さな広場、ここも修道院の一部でした 南仏風の小さな広場、ここも修道院の一部でした

修道院とはいえ、もとをただせば、当時のフランス王チルドベールがスペインで略奪してきた、聖人ヴァンサンの祭礼服を大切に秘蔵するために建設したもの。その頃から、カトリック教では、聖人や殉教者の遺品、髪や骨、果ては瓶詰めの血など、遺体の一部を礼拝するようになったからです。武力で奪った物を宝として祀るために教会を建設するなんて、ずいぶんひどい話ですが、中世フランスは、まだまだ野蛮で血なまぐさい時期だったのです。近くに、今は、流行のブテックが立ち並ぶrue du four(かまど通り)がありますが、それも、この辺りに修道院のかまどがあったことにちなんでいます。

フランス人の「批判精神」が育った場

こんなすてきな額縁、おみやげにいいですね こんなすてきな額縁、おみやげにいいですね

サン・ジェルマン・デ・プレは、18世紀、百科全書派と呼ばれる知識人たちのたまり場でした。彼らは、フランス人が今でも大好きな「批判精神」の先駆ともなった人々で、「なんで王様は私たちよりお金持ちなんだ?」、「神様なんてほんとうにいるの?」という素朴な、でも、当時は禁句だった疑問を投げかけました。そして、カフェというのは、そういう議論が、一般市民の間で盛り上がった場所だったのです。有名なのは、百科全書派の人々が通った、今でも残っているキャフェ、「プロコップ」。店内には、ヴォルテールやダランベールなど百科全書派の著作が並んでいます。

「人間皆平等」今ではあたりまえだけれども、3世紀前は新しかったこの思想は、ここで生まれた!

色鮮やかな絵の具たち、見るだけでうっとり 色鮮やかな絵の具たち、見るだけでうっとり

サン・ジェルマン・デ・プレで始まった「批判精神」、これが結局、「王制はもう嫌!人間はみんな平等であるべき」という革命思想につながっていきました。だから、この辺りには革命派の秘密集会が開かれた地下室などが残っています。革命派の中には、処刑者を苦しませずにすむ、というギロチンを発明したギロチン医学博士もいたということです。そして、1789年の革命後、ルイ16世とそのお妃マリー・アントワネットを始めとした貴族の多くが、ギロチンで処刑されました。

【関連情報】

キャフェ・ラ・パレット。芸大の若者たちでいっぱい キャフェ・ラ・パレット。芸大の若者たちでいっぱい

■ Procope
住所:13 rue de l' ancienne-comedie,75006 Paris
開店時間:毎日10時半から朝1時まで
www.procope.com(英語あり)
■絵の具屋さん
住所:Esquisse:3 rue des Beaux-Arts, 75006, Paris
www.esquisseparis.fr
額縁屋さん:rue bonaparteに数件

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/01/30)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索