page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・パリ・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

期間限定! セーヌ川に出現するパリ海岸「Paris Plage」でバカンス気分を満喫♪


掲載日:2008/04/09 テーマ:祭り・イベント 行き先: フランス / パリ

タグ: イベント ビーチ


長期滞在できなくても海辺気分を楽しめる

パラソルは早いもの勝ちなので、お昼前には行こう! パラソルは早いもの勝ちなので、お昼前には行こう!

毎年7月半ばになるとセーヌ川のほとりが海岸に! この「Paris Plage」といわれるパリ海岸、もう今年で連続6年続いている大人気のイベントです。8月20日頃まで、普段なら車の2車線であるスペースが、椰子の木が立ち並ぶ砂浜に変身。水着姿で背中を焼く人、キャフェでおしゃべりする人、裸足で砂浜バレーボールやペタンクをする人々も。子どもたちのためには、プールもあり、ボート漕ぎや、小型ヨットを習うこともできます。

バカンス大国フランスならではのアイディア

パリの真ん中に椰子の木?砂浜だってあるし、釣りする人も パリの真ん中に椰子の木?砂浜だってあるし、釣りする人も

このアイディア、じつは、Aisne県のSaint-Quentinという小さな街で始まりました。よく知られているように、フランス人にとって、バカンスはなによりも大切な時です。小学校から高校までは、1年につき約15週間のバカンスがあります。労働者は、年に5週間の有給休暇が取れて、みんなそれをしっかり利用! でも、いろんな理由でずーっとバカンスに出かけるのも無理だし、その間、他の人の代わりに働いている人もいますね。そういう人々にも、ちょっとバカンス気分を、という主旨で、このイベントが始まりました。

今や国際的イベントに成長

これがセーヌの「海の家」ならぬ、海岸キャフェ これがセーヌの「海の家」ならぬ、海岸キャフェ

そして、2002年からパリでも始まり、大人気。毎年350万人が訪れたということです。そして、このパリ海岸、エコロジック政策のひとつでも。夏のバカンス中は、経済活動も静かになる時期なので、なるべく車を減らすため、パリの中心にあたる場所で通行止めにするという作戦です。今は、ベルリン、ブリュッセル、ブダペスト、プラハなど、他のヨーロッパ大都市でも同じイベントが夏毎に開催されている模様。

陽にあたって読書したい人には本の貸し出しも

ペタンクする人々。最初は「これ、なにがおもしろいの?」と思いますが、そのうちやみつきに ペタンクする人々。最初は「これ、なにがおもしろいの?」と思いますが、そのうちやみつきに

水着に着替える場所、シャワーももちろんあります。ただ、子どもたちもいるので、モノキニ、Tバック、ナチュラリストはご遠慮くださいとのこと。夜は花火大会やコンサートで賑わい、すべて、入場無料!

【関連情報】

クラシックな海岸遊び、お城作り クラシックな海岸遊び、お城作り

http://www.paris.fr/portail/accueil/Portal.lut?page_id=1 http://www.parisinfo.com/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/04/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索