page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・パリ・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

パリでフランス田舎風のティータイム♪ 目印は「二匹のミツバチ」


掲載日:2008/05/15 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: フランス / パリ

タグ: おいしい お土産 カフェ スイーツ


「二匹のミツバチ」が切り盛りする繁盛店

二匹のミツバチがモチーフの緑色のテントが目印 二匹のミツバチがモチーフの緑色のテントが目印

セーヌ川に架かるアルマ橋のほど近くに、直訳すると「二匹のミツバチ」という名のサロン・ド・テがあります。お昼時には地元のマダム達であっとゆう間に満席になります。手作りの焼きたてのキッシュやオムレツ、サラダとパンなどの素朴なメニューが人気の母娘のミツバチ(笑)が切り盛りするサロン。丁寧な手作り料理とケーキの数々。エッフェル塔の近くにある割には観光客も少なく、落ち着いた雰囲気でお食事とティータイムが楽しめるので、初夏のパリ散策の際にはぜひお立ち寄り下さい。

サロン・ド・テ「LES DEUX ABEILLES」(レ・ドゥ・ザベイユ)

大きなタルトはそれだけでお腹がいっぱいになります 大きなタルトはそれだけでお腹がいっぱいになります

店内に入るとすぐ、焼きたてのケーキの数々が並んでいます。焼きたてのケーキがとてもいい香り。タルトタタン(リンゴのタルト)やタルト・シトロン(レモンのタルト)、マロンのケーキ、フロマージュ・ブランのケーキ、ガトー・ショコラ、甘酸っぱいリンゴとルバルブのクランブル、焼きたてスコーンなどなど、やきっぱなしの素朴なケーキが中心です。まるで、フランスのプロバンス地方に来たみたい。重厚なアンティークのインテリアも落ち着いたムードをかもし出しています。ケーキはどれをとっても一つ8ユーロ(約1200円)。大きくカットされたタルトはお腹が一杯になります。

お土産にはハチミツやジャムをいかが?

テラス席と店内の天然光が差し込む空間とキャンドルが灯る…3つのスペース。お気に入りのテーブルを見つけて テラス席と店内の天然光が差し込む空間とキャンドルが灯る…3つのスペース。お気に入りのテーブルを見つけて

店内は3つの空間に分かれていて、ドアをあけてすぐの小さな空間には小瓶に入ったジャムやハチミツが陳列されています。購入可能なので、お土産にも最適♪ スコーンやケーキ類も買う事が出来るので、気になって食べられなかったケーキを翌日の朝食にするなど、楽しみ方も色々。手前側の空間は天然の光が差し込む明るい作りになっており、逆に奥のテーブルはキャンドルの灯る大人な雰囲気。お気に入りの場所を見つけて、パリの行きつけの1軒にされるのはいかがでしょう?

【関連情報】現役パティシエ田中知子のお勧めカフェ

焼きたてあつあつスコーンにジャムとバターをたっぷりつけてイギリス風朝食に 焼きたてあつあつスコーンにジャムとバターをたっぷりつけてイギリス風朝食に

■ Les Deux Abeilles(レ・ドゥ・ザベイユ)
住所:189,rue de l’Universite -75007 Paris
電話: 01 45 55 64 04
メトロ:Alma-Marceau(9番線) / Pont de l’Alma(RER C線)
営業時間:9:00 〜 19:00
定休日:日・祝
その他:本日のランチ13ユーロ(約1950円)/15ユーロ(約2250円)が有り

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/15)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索