page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・パリ・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

美味しい焼き菓子を求めて パリ18区の名店アルノー・ラーエル


掲載日:2008/05/27 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: フランス / パリ

タグ: おいしい お土産 スイーツ


モンマルトル界隈の散策の後に…

若手MOFパティシエ アルノー・ラーエル氏のお菓子をパリ土産に… 若手MOFパティシエ アルノー・ラーエル氏のお菓子をパリ土産に…

パリ18区はモンマルトルの丘で有名な観光地。映画『アメリ』の公開後はロケ地めぐりの観光客も増加し、知名度も飛躍的に上がり、このモンマルトル界隈の物件が急激に値上がりしました。そんな近年注目を浴びている18区に若手MOF(国家最優秀職人)のパティシエ アルノー・ラーエル氏の洗練されたショップがあります。
モンマルトルの丘へお出掛けの際にはぜひもう少し足を伸ばして、こちらのパティスリー アルノー・ラーエルへお立ち寄り下さい。生菓子もさることながら、クッキーやパウンドケーキなどの焼き菓子の美味しさに感銘をうけます。またこうした日持ちのするお菓子は夏の時期のお土産にも最適です。

クラシックなフランス菓子でお店のレベルをチェック!!

エクレア、ミルフィーユなどのクラシックなお菓子も、マカロンやモダンな生ケーキなども、どれを選んでも間違いない美味しさ エクレア、ミルフィーユなどのクラシックなお菓子も、マカロンやモダンな生ケーキなども、どれを選んでも間違いない美味しさ

並木の美しいコーランクール通りの53番地にこの名店アルノー・ラーエルがこじんまりとあります。ラーエル氏はダロワイヨや老舗のフォションでピエール・エルメに師事した後、25歳で独立しました。2000年には、28歳にして「年間最優秀パティシエ」にも選ばれるほどの超優秀なパティシエです。「タルト、エクレア、ミルフィーユがおいしければ、そのお店の何を食べてもおいしい」というラーエル氏の言葉どおり、ご自身のお店もクラシックな伝統菓子を丹精込めて作っています。スタッフ曰く、「ラーエル氏は仕事が速くて、丁寧で、なんといってもとてもキレイ」だそう。そんな従業員からも信頼の厚いパティシエのお菓子をぜひお試しください。素朴な美味しさで、とまらなくなるクッキーはパッケージも素敵です。

クグロフやクイニーアマンなどのバター菓子もお勧め

さくさくとした仕上がりのクイニーアマン1.9ユーロ(約285円)は毎日食べたい美味しさ♪ さくさくとした仕上がりのクイニーアマン1.9ユーロ(約285円)は毎日食べたい美味しさ♪

こちらのお店で隠れた人気を誇るのが、ブルターニュ地方の郷土料理クイニーアマン1.9ユーロ(約285円)とアルザス地方の郷土菓子クグロフ2.5ユーロ(約375円)です。たっぷりのバターが練りこまれたクイニーアマンも、焼きたてに溶かしたバターをたっぷりを染み込ませたクグロフも、いずれもバターが命の焼き菓子です。
他にもフルーツのパウンドケーキなど、工程の違いによって素材のよさを引き出すアルノー氏のお菓子作りが見えてくるようなラインナップの数々。ケーキご購入の際には、せっかくですので、バター菓子もぜひ一つ追加してみてください!!

【関連情報】現役パティシエお勧めパティスリー

チョコレートと砂糖菓子で作った植木鉢。斬新なデザインにも脱帽です。季節毎に変わるお店のディスプレーや、ケーキのデザインも楽しみの一つ チョコレートと砂糖菓子で作った植木鉢。斬新なデザインにも脱帽です。季節毎に変わるお店のディスプレーや、ケーキのデザインも楽しみの一つ

■ Arnaud Larher(アルノー・ラーエル)
住所:53, rue caulaincourt -75018 Paris
電話:01 42 57 68 08
営業時間:10:00〜19:30
定休日:日、月
メトロ:Lamarck Caulaincourt駅(12番線)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/27)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索