page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・パリ・ツーリングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

夏のパリで風を感じる! 自転車でヴィレット公園へGO


掲載日:2008/05/29 テーマ:ツーリング 行き先: フランス / パリ

タグ: レストラン 夏にオススメ 公園 自転車


パリジャンお気に入りのサイクリングコースといえば?

バロック音楽、演劇からコンテンポラリーミュージックまでが、たった23ユーロで バロック音楽、演劇からコンテンポラリーミュージックまでが、たった23ユーロで

メトロ2番線のスターリングラード駅で貸し自転車を借りて、ヴィレット公園へ行くコース。サン・マルタン運河沿いの自転車専用路線を利用すれば、安全に、道に迷わず確実にヴィレットに到着できます。途中、まず左に見えるのは、緑と赤のペンキが鮮やかなペニッシュオペラ。川船の中で上演されるミニ・オペラなので、もちろん大がかりな舞台装置を必要とする演目はありませんが、キャフェ・スペクタクルを楽しむノリで行けば、必ず楽しめるはず!

運河に張り出した魚料理レストラン

総ベッド数278のユースホステルがこんなきれいな場所に 総ベッド数278のユースホステルがこんなきれいな場所に

このあたり、途中で食事をしたくなったら、レストランやキャフェはたくさん。つい最近、運河に直接張り出した新しい建物ができ、上はユースホステルSt Christopher's Inn、下はLa Crieeという魚料理のレストランになりました。テラスもあるので、これからの夏の時期はずいぶん流行りそう。そして、その先にあるのは、フランス人にとってもノスタルジックなスタイルの鉄橋。その上では、船が通る度に水門がギコギコ上がるのを、熱心に見物する人々でいっぱい。

30分もあればヴィレット公園へ

斬新なコンセプトの展覧会や催しものが開かれる大ホール。もとは肉市場だったという、巨大な建物がそのまま今も使われています 斬新なコンセプトの展覧会や催しものが開かれる大ホール。もとは肉市場だったという、巨大な建物がそのまま今も使われています

ヴィレット公園は、シテ・ドゥ・ラ・ミュージック(音楽の街)と、運河の反対側にあるシテ・ドゥ・ラ・シアンス(科学の街)、そしてその周りの広大な芝生からなる、パリで一番大きな公園。リュクサンブール公園やチュイルリー公園の伝統的フランス庭園とはまったく違う、新しいコンセプトで約20年前に作られました。「音楽の街」には、コンサートホールのほか、世界中の楽器と出会える音楽博物館や音楽図書館、コンサートの後にひと休みできるキャフェ・ドゥ・ラ・ミュージックがあります。

サイエンスは苦手?そんなコンプレックスを一掃しよう

銀色の球体は映画館。ドキュメンタリー映画を迫力ある大スクリーンで見ることができます 銀色の球体は映画館。ドキュメンタリー映画を迫力ある大スクリーンで見ることができます

科学の街のほうは、子ども連れの方に、とくにお勧め。常時、子どもから大人まで楽しめる催しものでいっぱいです。展示の方法は、「説明する、教える」という方法ではなく、「触るって楽しむ」という自主的な姿勢で、学ぶことができるシステム。言葉がわからなくても、充分満喫できるように構成されています。たとえば、「梃子ってなに?」、「影はどうしてできるの?」というような、素朴な質問を遊びながら解いていけるようにできています。

【関連情報】

昔懐かしい鉄橋 昔懐かしい鉄橋

ペニッシュオペラ:46 quqi de loire 75019, Paris,の正面
http://www.penicheopera.com/index.php
ユースホステル http://www.st-christophers.co.uk/languages/francais
科学の街:http://www.cite-sciences.fr/francais/indexFLASH.htm(英語あり)
ヴィレット公園:http://www.villette.com/(英語あり)
音楽の街:http://www.cite-musique.fr/(英語あり)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索