page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・パリ・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

手ぶらで行ける気楽さ。お菓子づくり1日体験★シャンゼリゼへ♪


掲載日:2008/06/23 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: フランス / パリ

タグ: おいしい おけいこ スイーツ


フランス菓子の名店ルノートル

ルノートルのおすすめタルト シトロン・メレンゲ4.5ユーロ(約675円) ルノートルのおすすめタルト シトロン・メレンゲ4.5ユーロ(約675円)

昨今、日本でも絶大な人気を誇っているルノートル。1957年にガストン・ルノートル氏が、パリ16区の閑静な住宅地、オートゥイユ通りに第一号店をオープンしました。ルノートル氏は世界的に有名な料理人のポール・ボキューズやロジェ・ベルジェと並んでフランス三大シェフの一人と称される程の実力の持ち主。ショーケースに並んだケーキもお惣菜も目を見張るような美しさを発しています。伝統と格式、高品質を保ち、パリから世界中に広まっていったフランスの高級菓子、惣菜店のルノートル、プロ向けの料理学校としても知られていますが、実は近年、アマチュア向けのワンデイレッスンを受ける事が出来るようになりました。

ルノートルでお菓子レッスン

シャンゼリゼに位置するパヴィヨン・エリゼ・ルノートル アマチュア向けのお菓子レッスンは121ユーロ(約18150円) シャンゼリゼに位置するパヴィヨン・エリゼ・ルノートル アマチュア向けのお菓子レッスンは121ユーロ(約18150円)

美味しいケーキを食べるだけでなく、この際美味しいケーキの作り方を本場ルノートルで学ぶのはいかがでしょうか? お菓子留学したくても経済的にも時間的にもなかなか実現できない!!という方はぜひ単発レッスンでミニ留学を体験してみてください。留学の決心がつくかも…?! 一日だけのレッスンでも忘れられない貴重な体験になること間違いなしです。ルノートルのプロ向けのスクールはパリ郊外でしたが、このアマチュア向けのレッスンはなんとパリの一等地シャンゼリゼにオープンしたパヴィヨン・エリゼ・ルノートルで受講できるのもお勧め理由の一つ。便利な場所に加えて、レッスンに必要な用具は全て費用に含まれているので、手ぶらで行ける気楽さもあります。1レッスン121ユーロ(約18150円)ですが、何度もリピートしたくなるような充実したレッスン内容です。一人でも充分楽しめますし、何人かで行くもよし、人数が多ければ(20人くらい)事前に問い合わせて希望のメニューでお教室を貸切なんてお願いも聞いてくれます。フランス語も英語もOKなので、興味ある方はぜひ一度問い合わせてみてください。

作ったケーキを持ち帰ってホテルでフレンチフルコース♪

パリ中に現在9店舗あるルノートルのショップ。お惣菜もケーキも目を見張る美しさです パリ中に現在9店舗あるルノートルのショップ。お惣菜もケーキも目を見張る美しさです

ルノートルでは、ケーキやパンに加えて、パーティー料理やお惣菜の類も販売しています。むしろお惣菜の方がショーケースを占領しているのでは……と思う程の豊富さ。どれもが美しく陳列されています。レッスンで習ったケーキをもって、パンとお惣菜を購入し、今宵はホテルでフレンチのフルコースディナーなんていかがですか? どこの高級パティスリーでも手に入らない世界にたった一つの手作りケーキで忘れないパリの思い出になることと思います

【関連情報】現役パティシエお勧めパティスリー、スポット

フランボワーズのタルト5.5ユーロ(約825円)はフランス風のカリットしたタルトにフルーツが贅沢にのってます フランボワーズのタルト5.5ユーロ(約825円)はフランス風のカリットしたタルトにフルーツが贅沢にのってます

■ルノートル パリ本店(Lenotre)
住所:44, rue d’Auteuil -75016 Paris
電話:01 45 24 52 52
営業時間:9:00-21:00
最寄り駅:Michel Ange Auteuil駅(9番線、10番線)
定休日:なし
URL:http://www.lenotre.fr

■パヴィヨン・エリゼ・ルノートル(Pavillon ELYSEE LENOTRE)カフェ・レストラン、料理・製菓学校 
住所:10,Avenue des Champs-Elysees -75008 Paris
問い合わせ:01 42 65 97 60 , 01 42 65 85 10
最寄り駅:Champs-Elysees clemenceau駅(1番線)
URL:http://www.lenotre.fr

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索