page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・パリ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

エコロジックにBon Voyage! 水上バス“BATOBUS”をパリ観光に利用してみよう


掲載日:2008/07/10 テーマ:観光地・名所 行き先: フランス / パリ

タグ: 鉄道


パリジャンだって通勤に利用している、水上バスBATOBUS

ルーブル美術館を右手に見て ルーブル美術館を右手に見て

メトロのストライキがあったときに一躍脚光を浴びたのが、水上バスBATOBUS。仕事先に行くために、セーヌ河岸のBATOBUS乗り場に列を作って人々がニュースで放映されました。BATOBUSはBateaux mouchesなどの観光船ではないので、まったくマイクでの旅行者用の説明などがありません。また、チケットは1日券、2日券から1年券となっており、有効期間内なら何度でも降りたり乗ったりすることができるパス。1日券が12Eで、もしかするとメトロよりもずっと割安。夏場は朝10時から夜9時半まで運行しているので、観光にももってこい。

パリ観光に欠かせない場所は全部網羅できる

夏の間はペニッシュに生活する人々も多い 夏の間はペニッシュに生活する人々も多い

駅は次の8駅。エッフェル島、オルセー美術館、サンジェルマン・デ・プレに近い学士院前、ノートル・ダム寺院前、植物園、シャンゼリゼに近いアレクサンダー3世橋前、ルーブル美術館前、マレー地区やポンピドゥーセンターに近いパリ市役所前にあります。15分間隔で運行しているので、メトロの暗い構内で待つのが嫌な人や、バスに立って乗るのが辛い人にもおすすめできます。

フランス国鉄に自転車で乗れるって知ってた?

自転車でTGVに乗り込むのを待つ人々。後ろの赤い列車はベルギー行き 自転車でTGVに乗り込むのを待つ人々。後ろの赤い列車はベルギー行き

今、フランスでは、メトロを除く多くの電車に自転車を乗せることができます。だから、パリで自転車を1週間単位で借りるか、あるいはお気に入りの自転車を買って、それを地方にもっていくことも、果ては、ヨーロッパ中を旅行することだってできるようになりました。まず、パリと地方都市を結ぶCorailや地方の郊外電車TERは、自転車を無料で(夜行列車などは10E)、また、予約なし乗せることができます。時間表を見て、自転車マークが付いている電車を選ぶだけでOK

世界で一番速いTGVにだって乗れる

郊外電車に乗るには予約無用。ただ、平日の通勤時間は避けてくださいとのこと 郊外電車に乗るには予約無用。ただ、平日の通勤時間は避けてくださいとのこと

新幹線より速い! とフランス人が自慢しているTGVですが、その多くに自転車専用貨車がつくようになりました。TGVは全席予約制なので、予約するときに自転車輸送料10Eを払います。またヨーロッパのほかの国々、とくに自転車好きな国に行く列車に乗せることもできます。ベルギー、リュクサンブール、ドイツ、スイス、イタリア、また、Eurostarでロンドンへも。みんなツール・ド・フランスの上位入賞国。

【関連情報】

http://www.batobus.com/(日本語あり)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索