page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・パリ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

パリで人気のカラフルな“ストラヴィンスキー噴水”で涼む夏!


掲載日:2008/07/25 テーマ:観光地・名所 行き先: フランス / パリ

タグ: すごい!


パリでいちばん人気がある、カラフルな噴水

「愛」というタイトルのこの彫刻は、タングリーと妻ニキの合作 「愛」というタイトルのこの彫刻は、タングリーと妻ニキの合作

ストラヴィンスキー噴水は、ポンピドゥーセンター横、IRCAM(現代音楽研究所)の前。スイス人彫刻家ジャン・タングリーが、20世紀を代表するロシア人作曲家ストラヴィンスキーへのオマージュとして、制作した噴水です。ストラヴィンスキーといえば、パリとは切っても切れない深い関係にあった作曲家。1910年、パリ・オペラ座で「火の鳥」、1913年にはシャンゼリゼ劇場で「春の祭典」が初演されたことからもわかるように、20世紀初頭、世界中の芸術家が集るコスモポリタンな街、パリを代表する人物でした。

「光の都」にふさわしい、ニキ・ド・サン・ファールの作品

「ラグタイム」。ストラヴィンスキーがアメリカのジャズを初めてレコードで聞き、感銘を受けて作曲した同タイトルの作品(1918年作曲)に由来 「ラグタイム」。ストラヴィンスキーがアメリカのジャズを初めてレコードで聞き、感銘を受けて作曲した同タイトルの作品(1918年作曲)に由来

制作を委託されたタングリーは、妻ニキ・ド・サン・ファールと共同制作することに。その理由は、「カラフルなニキの彫刻は、昔から『光の都』と呼ばれたパリのイメージにぴったりだから」ということでした。タングリーは7つの彫刻、ニキは6つを制作し、どれもが、なにかしらストランヴィンスキーの作品を象徴しています。たとえば、金色の鶏冠をつけた「火の鳥」、真っ赤な唇「愛」。「ラグタイム」。

タングリーは廃品回収からアート

「対角線」ちょっと意味がわからないタイトル 「対角線」ちょっと意味がわからないタイトル

タングリーの作品は、キネティックアートと呼ばれる「動く彫刻」。廃物や捨てられた家電製品、鋼を利用し、ここではモーターが17個使われています。その、決して「明るい」とは言えない作風は、第二次世界大戦中、15歳のときに体験した爆撃のショックからということ。「日中はニキの作品が陽に映えて美しい。その反対に、陽が暮れてからは、僕の機械彫刻がギシギシ音をたてながら動いて、暗闇の中の幽霊みたいなんだ」と語っています。夜中にクルクル回り続ける黒い彫刻も、見てみたいもの。

ニキの女性性をめぐるテーマ「ナナ」

「人魚」を見ていると気持ちが和む 「人魚」を見ていると気持ちが和む

タングリーと対象的なニキの彫刻は鋼の枠とポリエステールで作られたもの。彼女の作品に繰り返し現れる、「ナナ」という太った妊婦らしき人物も登場。女性の出産する力や、生命力を表現しているのか、乳房から水が噴き出しています。ニキはモデル出身の美女。でも、不幸な幼年時代を過ごしたため、20代の始めに精神療法を受けるようになり、その一環として絵を描くようになったという、オリジナリティーあふれる経歴の持ち主。ヌヴォー・レアリストという芸術集団にも参加していました。

【関連情報】

ストラヴィンスキーのバレエ作品「火の鳥」にちなむ ストラヴィンスキーのバレエ作品「火の鳥」にちなむ

回りには、テラスがあるキャフェがたくさんあるので、食事もできる。でも火曜日は、隣のポンピドゥーセンタが閉館なので、寂しいかも。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索