page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・パリ・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

薬屋さんがつくったショコラティエ「ドゥボーブ・エ・ガレ」


掲載日:2008/10/09 テーマ:歴史 行き先: フランス / パリ

タグ: おいしい お土産 スイーツ


クラシックなインテリアが見所

約200年続く老舗ショコラティエ「ドゥボーブ・エ・ガレ」 約200年続く老舗ショコラティエ「ドゥボーブ・エ・ガレ」

秋に入るとパリは一気に涼しくなります。あっという間に冬が訪れたみたい。涼しくなると、物悲しくなって必然的に恋しくなるチョコレート。パリのサロン・デュ・ショコラがこの時期に開催されるのも、そんな心理を読まれているのかも。サロン・デュ・ショコラを逃しても、パリには美味しいショコラティエが山ほどあります。今日はパリの中心、サン・ジェルマン・デ・プレにある老舗ドゥボーブ・エ・ガレをご紹介致します。かつては王室御用達だったこともあり、なんとも上品なお店です。ブランド品を買いに行くときには、それなりにおしゃれをしていくように、チョコレートのトップブランドのお店に行く心構えでお出かけ下さい。

薬屋さんがつくった約200年の歴史あるショコラティエ

当時の薬局を彷彿させる内装インテリア。半円型のカウンターになっています 当時の薬局を彷彿させる内装インテリア。半円型のカウンターになっています

ここのお店、なんと創業は1800年。200年以上の歴史を誇る、老舗ショコラティエです。創業者はフランス王ルイ16世のおかかえ薬剤師だったシュルピス・ドゥボーブ氏。薬剤師の精神のもと、「美味しくて健康に良い」をテーマにしたチョコレートを作り始めました。 後に、甥っ子にあたるアントワーヌ・ガレ氏と共に健康に良いチョコレート商品を開発し、この二人の名前をあわせたDebauve & Gallais(ドゥボーブ・エ・ガレ)という店名になりました。

体に良いチョコレート

シンプルでベーシックなトリュフ。大きいので、一つをじっくり味わいたい シンプルでベーシックなトリュフ。大きいので、一つをじっくり味わいたい

創業者が薬剤師だったこともあり、店内に入ると創業当時の薬局にあるような半円型のカウンターがあり、200年前のフランスを垣間見ることが出来ます。カウンターに丁寧に並べられたチョコレート菓子の数々。体に良いと思うといくらでも食べられそう。お勧めは、オレンジの表皮を使用したチョコレート。オレンジピールをチョコレートで薄くコーティングしたヴァレンシアは量り売りでお土産にもお手頃です。また健康への好影響を考えてあみだされたアーモンド、バニラビーンズやオレンジの表皮を使用したチョコレートも創業者の思いが伝わってくる品です。いろいろ迷っても、私がやっぱり食べたくなるのはシンプルなトリュフ。チョコレート本来の味を堪能できます。お店の人に相談しながら、じっくりお気に入りを見つけてくださいね。

【関連情報】現役パティシエ田中知子のお勧めショコラティエ

薬剤師だった創業者ドゥボーブ氏と科学者ガレ氏からとった店名 薬剤師だった創業者ドゥボーブ氏と科学者ガレ氏からとった店名

■ DEBAUVE&GALLAIS(ドゥボーブ・エ・ガレ)
住所:30,rue des Saint-pere -75007 Paris
電話:01.45.48.54.67
営業時間 : 9:30〜19:00
休:日曜日
メトロ:St-Germain des Pres(4番線)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/10/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索