page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・パリ・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

今パリで注目のパン屋さんDominique Saibron(ドミニク・セブロン)


掲載日:2010/08/06 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: フランス / パリ

タグ: おいしい カフェ 朝食


東京で名の知れた人気のパン屋さんDominique Saibron(ドミニク・セブロン)

素材にこだわる今パリで注目のパン屋さんDominique Saibron(ドミニク・セブロン) 素材にこだわる今パリで注目のパン屋さんDominique Saibron(ドミニク・セブロン)

パリ14区に、東京で一躍有名になった大人気のパン屋さんDominique Saibron(ドミニク・セブロン)があります。2009年にオープンしたこちらのお店は、実はモンジュ通りの人気パン屋さんLe Boulanger de Monge(ブーランジュリー・ド・モンジュ)の元オーナーさんが開いたお店。前のお店を辞めてから、彼が次のショップのオープンに選んだ地は実は東京でした!!そして昨年、パリ14区にもパン・ケーキ屋さんをオープン!セブロン氏のパンを待ちに待ったパリッ子たちでお店は毎日賑わっています。素材にこだわって、毎朝はやくから丁寧に焼かれるパンやケーキの数々。ぜひ味わってみて下さい。

シンプルなパンで素材を味わう

ビオ(オーガニック)の商品にのみつけられるABマーク。迷ったら、まずはシンプルなハードパンを。 ビオ(オーガニック)の商品にのみつけられるABマーク。迷ったら、まずはシンプルなハードパンを。

こちらのパン屋さんの店頭に緑色のABマークが見うけられますが、実はこれAgriculture Biologique(有機農法)のマークで、一定の基準を満たした商品にのみつけられるものです。ビオ、つまりオーガニックのパンなのです。ビオのパンには粉だけでなく、酵母も天然酵母、砂糖や塩もオーガニック、レーズンなどもビオのものという徹底したこだわりぶり。ビオのパンを味わうにはまずはシンプルなハードパンがお勧めです。焼き立てをそのままちぎって食べても香ばしさが広がり、とても美味しいのですが、チーズやワインのお供にもぴったりです。

カフェスペースでランチとケーキ

具沢山のバゲッドサンドの数々。ランチタイムにはケーキとカフェがセットになります。 具沢山のバゲッドサンドの数々。ランチタイムにはケーキとカフェがセットになります。

オーガニックにこだわるパン屋さんということで、品数が少ないのかと思ったら大間違い!!サンドイッチやキッシュ、バターたっぷりのヴィエノワズリー、オリジナルのパンやケーキも豊富にならんでいて見ているだけで楽しくなります。そして、イートインスペースがあるのも観光客には嬉しいところ。一番人気のバゲットで作られた具沢山のサンドイッチとデザート、カフェのセットで12,9ユーロ(約1400円)。お腹も心も大満足のランチセット、ぜひお試し下さい

【関連情報】現役パティシエ田中知子のお勧めパン屋さん

パン・オ・ショコラやクロワッサンなどのヴィエノワズリー系も種類豊富。翌日の朝食にいかが? パン・オ・ショコラやクロワッサンなどのヴィエノワズリー系も種類豊富。翌日の朝食にいかが?

■Dominique Saibron(ドミニク・セブロン)
住所:77, av du General Leclerc -75014 Paris
TEL:01 43 35 01 07
時間:7:00〜20:30
休:月曜日
メトロ:Alesia駅(4番線)
URL:www.dominique-saibron.com

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/08/06)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索