page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・パリ・動物の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

フランスで唯一ジャイアントパンダが見られるボーバル動物園


掲載日:2017/08/06 テーマ:動物 行き先: フランス / パリ

タグ: かわいい すごい! 動物園


とにかく広大なので、時間を考慮しつつ歩き回ろう

園入口。日本の動物園と比べるとかなり高い入園料ですが、来園者も多く高評価を受けています 園入口。日本の動物園と比べるとかなり高い入園料ですが、来園者も多く高評価を受けています

開園して35年のボーバル動物園はフランス国内の他の動物園よりも群を抜いて広く、敷地面積は32ヘクタール。大型の動物にも余裕のある空間が与えられており、自然な生態を観察できる造りになっています。ただすごく広いぶん、じっくりと見てまわりたい人は1日では足りないかもしれません。レストランでの食事時間や休憩時間なども含め、エリアごとにざっくり大まかな時間配分を考えておくと良いでしょう。
入園券は1日、2日、1年パスの3種類があり、園の近くにホテルもあるので、自分の滞在計画に合った券を購入することをおすすめします。アシカのショー、ペリカンやフクロウなど鳥類のショー、動物の生態ガイドツアーなどの企画もあるので、それらの時間を確認しつつ、効率よく回るようにしましょう。

食べるの大好き! ジャイアントパンダ

あまりにもおいしそうに竹を食べるパンダの姿を見ていると、少しおすそ分けしてもらいたくなるかも… あまりにもおいしそうに竹を食べるパンダの姿を見ていると、少しおすそ分けしてもらいたくなるかも…

パンダのいるエリアに向かうと、中国らしい雰囲気を醸し出す建築物や植物が現れます。まるで四川省にいるかのよう…とまではいきませんが、なかなか良い工夫がされています。
2頭のパンダは2012年1月に中国からやって来たHuan Huan(メス) とYuan Zi(オス)です。筆者は1時間ほど眺めていましたが、それぞれお気に入りの場所に座り、黙々と竹・笹を食べ続け、ちょっと席を外したかと思うと排泄に行き、戻ってひたすら食べ続けていました。バキバキと竹を噛み砕く音も聞こえ、豪快な食べっぷりです。園の解説によると、ジャイアントパンダは1日25キロの竹・笹の葉を食べるそうです。時間にするとおよそ14時間も食事に費やしているとのこと。ちなみに身長は180cm、125キロだそうです。

珍しい繁殖に成功。次のビッグニュースはパンダのおめでた?

どっしりとした体格のホワイトタイガー。暑い夏の日は水浴びをして過ごすことが大好きだそうです どっしりとした体格のホワイトタイガー。暑い夏の日は水浴びをして過ごすことが大好きだそうです

さて、この動物園では年に600の新しい命が誕生しています。特筆すべきは絶滅危惧種に指定されているマナティー(最近では2017年の3月に赤ちゃんが誕生)、コアラ(フランスでコアラを飼育しているのはこの動物園のみ)など、難しいとされる繁殖に成功していることです。
もちろんパンダの赤ちゃんも期待されているところですが、園の資料によると繁殖期は春、2月15日から3月30日の間、妊娠可能な時間はこのうち48時間とされています。自然交配がうまくいかない場合、獣医チームは人工授精に取り組むなど意欲的で、2017年の春も繁殖成功に期待がかかっていましたが、現時点でおめでたは聞かれていません。来シーズン以降の良いニュースが心待ちにされています。

彼らのふるさとを彷彿とさせる居住エリアを拡大

アルビノワニ。体長はおよそ1,2メートル。オスは大人になると最長3,5メートルにもなります アルビノワニ。体長はおよそ1,2メートル。オスは大人になると最長3,5メートルにもなります

キリン、ゴリラやチンパンジー、トラやカバなど定番の動物はもちろん、その他数々の名前も知らない初めて目にする動物たちに見とれていたら、あっというまに閉園時間が近づいてきました。ライオンは屋内に入ってしまっていましたが、こちらに近づいてきたライオンのオスとガラス一枚隔てて見つめ合うことができました。すごい迫力です。メスははしゃぎ回る子ども達に囲まれじっと座っている姿に貫禄を感じました。
2017年にはこの百獣の王一家の屋外の居住スペースが5300平方メートルに拡大され、同じくアフリカゾウのエリアも広がり、新しく立派なサファリエリアとしてオープンしています。
車でないとアクセスが難しい場所でしたが、パリからですと週末直行バスが出るようになり便利になりました。ぜひ訪れてみてください。

関連情報

ジャイアントパンダエリアにある中国風の建築物と樹木。南天や笹なども植えられています ジャイアントパンダエリアにある中国風の建築物と樹木。南天や笹なども植えられています

所在地:ZooParc de Beauval  41110 Saint Aignan sur Cher
電話番号:+33(0)254 75 5000
ウェブサイト:https://www.zoobeauval.com/
営業時間は季節によって異なるので要確認

動物園近くの3つの宿泊施設:
https://www.zoobeauval.com/preparez-votre-visite/sejours-au-zooparc

アクセス:
車の場合
パリからA10、A71、A85を経由して2時間15分
トゥールからA85で1時間

バスの場合
4月15日より、パリから毎週末FLIXBUSが運行しています
パリ(Porte Maillot)7:00出発 ボーバル11:05到着
ボーバル17:30発 パリ(Porte Maillot) 21:35到着
料金は13ユーロから

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/08/06)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索