page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・パリ・遺跡の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

パリで最古を感じる散歩ルート


掲載日:2018/09/08 テーマ:遺跡 行き先: フランス / パリ

タグ: 遺跡 公園 動物園 歴史


パリ植物園と付属動物園

6月はバラ園は色とりどりのバラと香りが漂う 6月はバラ園は色とりどりのバラと香りが漂う

まずはパリ5区のオーステルリッツ駅すぐそばにあるJardin des Plantes(パリ植物園)から。なんと開園は1633年です。目の前には色彩豊かな花壇が広がり、両脇にはプラタナスの木々が続きます。並木沿いのベンチは、読書、昼寝、友達とおしゃべり、お昼時はランチする人々で埋まっていきます。
広い敷地内には、良質の企画展を開催する博物館、植物学校、研究室、温室、小さな動物園(1794年開園)、ラビリンス(迷路)などがあり、年間を通じて訪れる人の絶えない場所です。あらゆる植物や樹木を目にすることができますが、とても立派な日本のシロタエ桜が入って中央右あたりにありますので、ぜひあいさつしていきましょう。

紀元1世紀! リュテス円形闘技場

ペタンクをして遊ぶ人々。のどかな雰囲気に包まれていた ペタンクをして遊ぶ人々。のどかな雰囲気に包まれていた

植物園を通り抜けて5分ほど歩くと、また緑の一角が見えてきました。パリ市内には、Parc(パーク。遊具も多くある、敷地も広めの公園)、Jardin(ジャルダン。公園というよりは庭園)、Square(スクエア。比較的規模も小さく、ちょっとひと休みできる場所)と呼び方は異なりますが、複数の緑地があります。
さて、こんなところにもうひとつ公園があったのか、と入ってみて驚きました。 Square des arenes de Lutece =リュテス円形闘技場 だったのです。紀元1世紀には古代ローマ人によって建造されたというこの場所は、1870年代のパリ大改造時に発見されたそうです。
現在の円形の広場では現地の人々が球技をしたり、子どもたちが遊んでいて、平和な雰囲気です。観客席の下にはかつてライオンなどの猛獣がスタンバイしていた檻があります。

著名な人物が居住していた界隈

哲学者ルネ・デカルトが住んでいたロラン通り14番地。著名人が居住したアパルトマンには名前と職業、居住期間がこのように表示されている 哲学者ルネ・デカルトが住んでいたロラン通り14番地。著名人が居住したアパルトマンには名前と職業、居住期間がこのように表示されている

闘技場を後にし、モンジュ通り(Rue Monge )を横断し、正面に緑色の給水水道がある階段を登って細いロラン通り(Rue Rollin )を歩きます。この14番地にはフランスの哲学者、ルネ・デカルトが住んでいたアパルトマンがあります。突き当たりを左に進むと カルディナル・ルモワン通り(Rue du Cardinal Lemoine)です。アメリカ出身の作家、ヘミングウェイが居住していたアパルトマンがあります。コントルスカルプ広場(Place de la Contrescarpe)を右に行くと、飲食店が建ち並び、賑やかなムフタール通り(Rue Mouffetard)です。そのまま進むと、
デカルト通り(Rue Descartes )に名前が変わり、39番地には日本人小説家、辻邦生が住んでいたアパルトマンがあります。すぐ隣の建物はフランスの詩人、ポール・ヴェルレーヌと、またまたヘミングウェイが住んでいたアパルトマンです。

パリ最古のカフェ

Cour du commerce St-Andre側から見たル・プロコープの外観 Cour du commerce St-Andre側から見たル・プロコープの外観

パンテオン、ソルボンヌ大学などを横目に歩くとサンジェルマン大通りに出ます。メトロ4号線、オデオン駅そばにある、Cour du commerce St-Andre(コー・デュ・コメルス・サンタンドレ)にやってきました。このアーケードのような小道もやはりパリでもっとも古い道のひとつです。そしてここにパリで最古のカフェ、1686年創業のLe Procope(ル・プロコープ)があります。現在はしっかり食事ができるレストランとして営業しており、平日のセットメニューは前菜とメイン、またはメインとデザートで21,90ユーロ。前菜、メイン、デザートで28,90ユーロが選べます。オニオングラタンスープ、ステークタルタルなど伝統的なフランスのブラッスリーらしい品目も選べますよ。
歩き疲れたらここでひと休みして、さあまた出発。セーヌ川のほうに向かって、ポン=ヌフ(新しい橋)を目指します。1606年に完成した、パリ最古の橋を渡って、ひとまずゴールです。

関連情報

ポン=ヌフ手前にあるフランス学士院 ポン=ヌフ手前にあるフランス学士院

Jardin des Plantes(パリ植物園)
57 Rue Cuvier 75005 Paris
入園無料
敷地内の動物園や博物館は有料

Square des arenes de Lutece (リュテス円形闘技場跡)
4 Rue des Arenes 75005 Paris 複数の出入り口あり
49 Rue Monge 75005 Paris
入園無料

Le Procope(ル・プロコープ)
所在地:13 Rue de l'ancienne Comedie 75006 Paris
最寄り駅:メトロ4号線Odeon オデオン
営業時間:12時から深夜まで

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/09/08)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索