page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・パリ・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

手紙の良さを思い出す素敵な空間へ行ってみよう パリで「プリクラ」感覚で作れる切手マシーン


掲載日:2019/03/29 テーマ:ショッピング 行き先: フランス / パリ

タグ: お土産 かわいい たのしい


切手コレクター、文房具好きな人、集まれ!

切手コレクターが大興奮する貴重な切手がたくさん! 切手コレクターが大興奮する貴重な切手がたくさん!

フランス郵政公社の切手発行部門であるPhil@posteによって運営されているパリのブティック「Le Carre d'Encre」。記念切手の展示、販売を中心に文房具の世界が広がっているお店です。場所はオペラ座の裏手、また歴史ある百貨店、ギャラリー・ラファイエットとプランタンがあるBoulevard Haussmannの近くですので、観光ついでに立ち寄れる嬉しい立地。店内には記念切手、万年筆を含むペン類、文房具(ノート、便箋、カード)などが芸術的に並べてあり、買わずとも楽しめる空間です。

パリでプリクラ?!オリジナルの切手

パリらしいイラストが多くあり、迷ってしまいます。 パリらしいイラストが多くあり、迷ってしまいます。

このお店の魅力といえば「記念切手」が揃っていること。しかし世界でたった1つの切手が買えることでも人気があります。それは既製品ではなくオリジナルの切手を作れること。まるでプリクラを撮るようにお店に置いてある機械で顔写真を撮り、背景にエッフェル塔などのデコレーションを施すことができます。
オリジナルの切手を作る方法としては3通りあります。1つ目はパリらしいイラストの中から切手として使いたい絵柄を選択し、定型文の中からメッセージを入れることができる切手。2つ目はその場で写真を撮影し、撮った写真に飾りをつける切手。どれも思い出に残る貴重な切手ですので、たっぷりと時間をかけて自慢の切手を作ってみましょう。

過去の写真を使用してもOK!

10枚のオリジナル切手を注文するとこの様にカバーをつけてくれます。 10枚のオリジナル切手を注文するとこの様にカバーをつけてくれます。

そして3つ目は、他の日に撮影した写真をUSBキーに保持し、この機械に移すことで切手の画像として使用することができるもの。あらかじめ用意しておく必要がありますが、旅の写真などのを使用して切手を作ることができるので、旅の思い出としていかがでしょうか。
この機械で作成した切手は、店員に報告するとまず代金を支払って印刷を開始してくれます。ただ普通に頼むとフランス国内用の切手になる可能性がありますので、日本に送る用でしたら「Monde(世界)」と伝えましょう。
とうとうオリジナルの切手が出来上がったら、店内でレターセットを選んでみては?パリの風景のポップアップカードはもちろん、紙質が良いフランスらしいレターセットも販売しています。

バレンタイン切手も必見

封筒に貼ると一気に華やかさが加わる切手。ハート型の切手はコレクターが多いです。 封筒に貼ると一気に華やかさが加わる切手。ハート型の切手はコレクターが多いです。

毎年バレンタインの時期になると、有名ブランドとコラボレーションして有名デザイナーによるハート型の切手が売り出されます。2019年はフランスの高級宝飾品ブランド「ブシュロン」の切手でした。ブシュロンは、1858年に創業され、宝飾品店としては初めてパリ・ヴァンドーム広場にブティックを構えた老舗。切手にもヴァンドーム広場が描かれています。バレンタイン切手は過去にソニア・リキエル、ピエール・バルマン、クレージュ、バカラ、エルメスなどの有名ブランドとコラボレーションしていました。Le Carre d'Encre以外の郵便屋でも買うことができて、バレンタイン時期を過ぎても在庫がある限り購入できます。
電子メールが登場して以来、どんどん手紙を書く機会がなくなってしまいました。けれどこのお店は、受取手のことを考えて便箋から切手まで選び抜く楽しみを思い出させてくれました。

情報

アーヴル=コマルタン駅から直ぐ近くです。 アーヴル=コマルタン駅から直ぐ近くです。

Le Carre d'Encre
13 bis rue des Mathurins 75009 PARIS
月〜土10:00-19:00
http://www.lecarredencre.fr

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/03/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索