page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・パリ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

イギリス式庭園がお好きな人にオススメ。パリ14区のモンスーリ公園


掲載日:2019/04/12 テーマ:観光地・名所 行き先: フランス / パリ

タグ: 公園 素晴らしい 美しい


1878年開園のイギリス式庭園

池にはアヒルやカモの姿が。池を囲むようにベンチが設置されている 池にはアヒルやカモの姿が。池を囲むようにベンチが設置されている

2月下旬、連日灰色で陰鬱な空模様から一転、フランスでは気温が上がり、小春日和の日が続きました。朝晩は寒いものの、昼間の気温は20度ほどまで上がり、コートを脱いで歩く人がちらほら。ふと思い立ち、パリ14区のモンスーリ公園に行きました。今回は筆者の大好きなこの公園のご紹介です。
緑の憩いの場を作ろうとナポレオン3世とオスマン知事によって19世紀に作られたそうですが、なるほどそのとおり、人々のくつろぎっぷりがいい感じなのです。面積は15ヘクタール。平坦、左右対称で幾何学的、先まで見通せる人工的な造りのフランス式庭園とはまったく異なります。モンスーリ公園はイギリス式庭園。ゆるやかに孤を描く遊歩道や、起伏のある芝生エリアなど、柔らかい雰囲気があります。歩いてみないと先に何があるかわからないような公園が好きな方にオススメです。

東側にサービススポットが集中。西側は広大な芝生が広がる

ポニー乗り場の料金表。他にお客がいないときは、表示料金と違う価格を請求されることもあるので注意しよう ポニー乗り場の料金表。他にお客がいないときは、表示料金と違う価格を請求されることもあるので注意しよう

公園の中央にRER B線の線路が通っています。高低のある敷地のため、ある場所ではトンネルの上を電車が走り抜けていき、違う場所では橋の上から見下ろすかたちになります。幼い子どもたちがじーっと電車が来るのを待って見つめている姿はかわいらしいものです。
線路の東側には小さな滝や人工池があり、池に沿ってベンチが多く設置してあります。陽気のいい日は埋まっていることも多いですが、芝生も広いので座るスペースは十分あります。
メリーゴーランド、ブランコ、すべり台や砂場がある遊具エリア、人形劇場、ポニー乗り場など、子どもたちが遊べる要素が集まっているのも東側です。
レストラン(冬季は閉店)やクレープやアイスが食べられる軽食屋さん、トイレもあります。ほとんどのサービスが東側にあると言っていいでしょう。
西側にお店はありません。遊具エリアとトイレ、起伏に富んだ広い芝生エリアがあります。

現地の人々の飾らない姿が見られる

水仙の奥に見える橋の下には、RER B線が走る線路がある 水仙の奥に見える橋の下には、RER B線が走る線路がある

園内は、ジョギング、ボクシングの練習、ヨガなど運動をしている人や、ただ日向ぼっこをする人、読書する人、昼寝する人、おしゃべりに夢中な人などさまざまです。ピクニックも、適当に店で買ってきたサンドイッチや野菜サラダ、タブレ(キュウリやトマト、ミントやパセリの入ったクスクスまたはブルグルサラダ)、ポテトチップスに飲み物を持ち込んで気楽にやっています。
日本の大都市にも公園はありますが、芝生は立ち入り禁止だったり、ちょっとひと休みする程度ではないでしょうか。なにより公園内で長時間過ごす時間的余裕がないかもしれません。パリ市内には大小規模の違いはありますが、気軽に時を過ごせる、整備された公園があるのはありがたいと思います。園内はガーティアンという見回りをする制服を着た人たちがいるのも少し安心です。

樹木、草花ファンにはたまらない

桜の一種らしき春らしい花も満開だった 桜の一種らしき春らしい花も満開だった

2月下旬現在、園内には水仙や桜のような花が咲いていました。歩いていると香りが漂ってくる沈丁花やちょっと名前のわからない花も咲いていました。これから本格的な春が始まり、初夏、そして22時頃まで明るい夏になると、公園にもっと人が集まりにぎやかになります。
今はまだ葉が落ちている木々も青々としてきます。立派な大木もところどころあり、1878年の開園当時に植えられたレバノン杉(西側の遊具エリア内にあります)は、高さ20メートルもある巨木です。他にもシラカバ、プラタナス、アトラスシダ、ユリノキ、トチュウ、セイヨウカジカエデ、ヨーロッパブナ、マロニエ、柿などいろいろな木があり、樹木が好きな人にはたまりません(花粉症の方はツラいかもしれません)。歩きながら探してみてください。

関連情報

ところどころに植えてある美しい草花 ところどころに植えてある美しい草花

Parc Montsouris
2, Rue Gazan 75014 Paris
出入り口はがいくつかあるため、複数の通りに面しています。

最寄駅は
RER B線:Cite-Universitaire駅 降りてすぐ目の前
トラムT3a線:Cite-UniversitaireまたはMontsouris 降りてすぐ
メトロ6番線:Glaciere 徒歩15分
バス:21番、88番、216番

春〜夏季の開園時間
3月1日から同月31日 7時から19時
4月1日から同月31日 7時から20時半
5月1日から8月31日 7時から21時半
9月1日から同月30日 7時から20時半

トイレは2箇所あり(無料)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/04/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索