やっぱり恋しくなるのが日本食

長期旅行や留学で海外に滞在していると、最初は新鮮に感じる現地の食事ですが、毎日三食食べて続けていると、ふとした瞬間に”ごはんとお味噌汁”が懐かしくなるもの…。もし自炊できる環境がある場合は、現地の食材を使って日本食を作ってみてはいかがですか? 以前、パリに長期滞在した時の経験をもとに海外で日本食を作る時にアイディアをご紹介します。

海外で作る日本食、食材の入手先や代用できる食材。パリの場合 海外で作る日本食、食材の入手先や代用できる食材。パリの場合

アジア系スーパーなら日本の食材も充実しています。

欧米の大都市では、たいてい在住邦人のために日本の食材を専門に扱う日系スーパーがあります。基本的な食材、調味料が全て揃うのはもちろん、ちょっとした日用雑貨まで置いていたり、まさにかゆいところに手が届く品揃えです。パリの日系スーパーでは冷凍ですが、納豆まで置いているお店もありました。何でも揃う便利な存在ですが、全体的に値段が高めなので、海外で節約生活をしている場合はちょっと辛いことも。そんな時によくお世話になったのが、中国や韓国などの食材を扱うアジア系スーパーです。特に韓国食材店は、日本食と重なる食材も多く、値段も何割か安いので重宝しました。

調味料は工夫次第でなんとかなるもの。

「専門店が近くにない」という場合は、現地の食材で工夫して作る事もできます。例えば、料理酒は安い白ワイン、みりんは安い白ワインに砂糖を混ぜて一煮立ちさせる、などで代用が可能です。しかし日本食に欠かせない「出汁」だけは海外では代用するものが見当たりません。鰹節や昆布、煮干しなどのだしを取るための食品が元々ないので、これだけは少々高くても輸入の日本品を購入するか、日本から和風だし(かつおだし、昆布茶、うどんスープの素など)を持参するといいと思います。

野菜も代用できるものがあります

私が滞在していたパリでは、マルシェ(市場)で日本固有の野菜を置いている店もありました。フランス人の売り子さんに頼んで、大根やモヤシを買うのはちょっと不思議な気分でしたが、どこか誇らしい気分もしたものです。買い物をしていると隣のお客さんから料理法を尋ねられたこともあり、それだけ日本食に興味を持っている方が多いのでしょうね。また、ヨーロッパでは冬に旬を迎えるポロネギという太くてがっしりとしたネギがあり、長ネギの代用品として重宝しました。このポロネギとジャガイモで作ったお味噌汁は、今でも私にとってパリの思い出の味になっています。