日本人の大好きなショートケーキ

みなさんはショートケーキというとどんなものを思い浮かべますか?イチゴ、スポンジ、生クリームの組合せを連想する方がほとんどかと思います。クリスマスにもなれば、ブッシュドノエルをはじめとするきらびやかなケーキがショーケースを彩りますが、いざ買うとなるとショートケーキに手が伸びてしまう、そんな方も多いことでしょう。このショートケーキ、実は日本のオリジナルケーキであることをみなさんはご存知でしょうか?

第2回スイーツ・ディプロマの世界のスイーツ講座「奥深いショートケーキの歴史」 第2回スイーツ・ディプロマの世界のスイーツ講座「奥深いショートケーキの歴史」

日本のショートケーキの歴史

日本に初めてケーキといえるスイーツが入ってきたのは、ポルトガル人が持ってきた「カステラ」が最初でした。小豆やきな粉など、和菓子の元となるスイーツが主流だった当時の日本人にとって、ふわふわで甘みの強い「カステラ」は衝撃的に美味しかったことでしょう。これを元にして、大正時代、老舗ケーキ店「不二屋」さんの創始者が、スポンジでイチゴ、生クリームを挟んでデコレーションしたケーキを販売したことが、今のショートケーキのルーツとなっています。

その名も「フランス風ショートケーキ」

ここでひとつ注目すべき点は、不二屋さんが販売した当時のケーキの商品名が「フランス風ショートケーキ」ということです。そもそもショートケーキの"short(ショート)"とは、アメリカ、イギリスで"サクサクとした"という意味で、日本のふわふわとしたスポンジとは全く異なるものだったのです。その歴史を紐解いてみると、明治22年に初めて日本でショートケーキといわれるスイーツが販売されましたが、クッキーやビスケット状のものにフルーツをあしらったものをショートケーキと呼んでいた記録が残っています。では、「フランス風ショートケーキ」とはいったいどういったものなのでしょうか?

スイーツのメッカ、本場フランスのショートケーキとは?

実は、日本人にとってはなじみの深いショートケーキですが、フランスで同様のものを探すのはかなり難しいのです。そもそもフランスでショートケーキというと、しっとりとしたスポンジ生地の間に、バタークリームとカスタードクリームを合わせたムースでイチゴを挟んだもので、中にはアーモンドプードルを使ったりと、その仕様は様々。この製法を見習って、日本人の好みに合わせて作ったのが、今のショートケーキのルーツ「フランス風ショートケーキ」というわけです。フランス旅行の際には、この歴史を念頭に、日本への思いを馳せながら、本場フランスのスイーツを召し上がってみてはいかがでしょうか?