たまには、お部屋で軽めに夕食はいかが!

フランスを訪れた際はやはり、レストランで美味しいものに舌鼓をうつ機会が多いですよね。しかしながら、毎回レストランでお食事となると、ちょっとヘビーに感じることもありますし、出費もけっこうかさみます。筆者は、スーパーマーケットで食材を買ってきて、お部屋で軽く夕食を済ませたりもしていました。そんな時におすすめの食材を筆者の体験からご紹介しますね。

予算に余裕があるなら、量り売りのチーズを是非どうぞ! 予算に余裕があるなら、量り売りのチーズを是非どうぞ!

パリでは、焼きたてのパンとチーズで幸せ感UP

何はともあれ、パリでは、街角にある地元の人々がよく利用しているパンやさんのパンを味わって欲しいです! 出来立てのクロワッサンやバケットをほおばるひと時は、パリに来てよかったなーと思わせてくれました。チーズは、スーパーマーケットにさまざまな種類のチーズが売られていて、さすがフランスです。2ユーロ(約260円)以下でかなり大きめのカマンベールチーズを筆者は購入しましたよ。その他にも日本ではあまり見かけないチーズもあるので、いろいろとトライしてみてください。

サラダは、パック入りのグリーンリーフが重宝

パン、チーズの他にフランス人の食卓に欠かせないのが、サラダ。せっかくフランスに来たなら、フランス風に私たちもサラダを味わいましょう。普通のスーパーマーケットには、透明なパックにさまざまなグリーンリーフの入ったサラダ野菜が売られています。これに、トマト、アボガド、フェタチーズ、ツナなどを合わせれば、立派な一品になりますね。フランスの食卓では、ひまわりやかぼちゃの種、スプラウトなどもサラダにトッピングしてあることが多かったので、もし、スーパーマーケットで見かけたら、是非付け加えてみてくださいね!

日本から持っていくと便利な調味料など

ホテルに滞在の場合は、プラスチックのお皿やまな板、ナイフなどを日本から持っていくと重宝します。最近は、トラベル用のかなり薄く軽量のバージョンも出ていますよ。また、少量のしょうゆ、わさび、オリーブオイル、塩を持参して、こちらを混ぜ合わせるだけで、サラダのドレッシングにもなります! オーガニックショップへ行くと、さまざまな種類の豆腐(と言っても、厚揚げに近いですが)が売られているので、こちらをわさび醤油で味わうのもオススメです。フランスで軽めの夕食をお考えなら、こんなバージョンはいかがでしょうか!

オレガノ豆腐などもあり、フランス風ですね! オレガノ豆腐などもあり、フランス風ですね!