パリの街では”犬も歩けばカフェに当たる?”

パリの街では、どこの地区でも、少し歩けばカフェを見つける事ができます。カフェという場所は、地元の人も旅行中の異邦人も、分け隔てなく受け入れてくれる大きな部屋のような存在。飲み物や食べ物を楽しむのはもちろん、ゆったりと本を読む人、待ち合わせをする人、真剣に何かの仕事をしている人…、朝から晩まで、思い思いに過ごす人たちで賑わっています。

パリのカフェで人間ウォッチング パリのカフェで人間ウォッチング

観光や買い物の合間に、のんびりゆっくり人を眺めてみよう

特にパリのカフェのいいところは、なんといっても1杯の飲み物だけでも、のんびりゆっくりできる事です。私が一人旅をする時は、観光や買い物の途中にカフェで休憩しながら、人間ウォッチングを楽しむことにしています。世界中から観光客がやってくるパリの街、様々な文化やファッションの人達を眺めていると心が自由になっていくような気持ちになります。パリのカフェには舗道にせり出したテラス席があるところも多いので、お天気がよかったらぜひ外側テーブルに席をとってみてください。

ぜひ体験してみて欲しい老舗カフェからの眺め

人間ウォッチングにもってこいのカフェをご紹介しましょう。まずは老舗の2軒、「Les Deux Magots(レ・ドゥ・マゴ)」と「Café de Flore(カフェ・ドゥ・フロール)」です。どちらも左岸の観光名所サンジェルマン・デ・プレ教会の向かいに並んでおり、古くから文豪や芸術家達が集った歴史あるカフェです。サンジェルマン界隈は特にお洒落な人が多いエリア、道行く普段着のパリジェンヌ達のファッションチェックをするもよし、またここのカフェはギャルソン(今はあまりこの呼び方はしないようですが)達の颯爽とした仕事ぶりや身のこなしを眺めていても面白いです。

パリの注目エリアで人間ウォッチング

もう1軒の私のおすすめカフェは、かつてはフランス革命の舞台となったバスチーユ地区のシャロンヌ通りにある「Pause Café(ポーズ・カフェ)」です。観光客が多く訪れる場所ではありませんが、この周辺は様々な物作りの工房やアトリエが増えてきており、パリの中でも注目されているエリア。このカフェの常連さんの多くも、クリエイターやアーティスト、職人さん達だそう。個性的なお客さん達を眺めているだけで、自分のセンスも磨かれそうな気がしてくる居心地のいい空間です。