少女のスリにご用心!

パリのスリというと、ルパンのごとく手品のようにさっと懐から財布をスッていく、というイメージがありますが、実際はそうではありません。たいていスリは、チームを組んでやってきます。そして、その中でも少女のスリがけっこう多いのです。少女だからといって油断していると、あっという間に餌食になりますので、ご注意!。スリの女の子の服装は、足首くらいまである長めのスカートなど、一目でそれとわかるものでした。ところが、最近は身ぎれいな格好をしていて、ふつうに町を歩いていても風景に溶け込んでいるのです。リサイクル用の服を拾ってきて、着ているとも聞いたことがあります。

パリでは少女のスリにご用心!  パリでは少女のスリにご用心! 

アンケートのお願い? それは、スリです。

よく聞くのが「アンケートお願いスリ」です。地下鉄の出入り口あたりで、バインダーとペンを持って「アンケートをお願いします〜」と女の子が数人でやってきたら要注意! アンケートを書いているバインダーの下に、女の子の仲間の手がにゅっと伸びて、カバンから貴重品をスリとります。一見、スリとわからない風貌をしているのが特徴です。ところで、私は、一度、凱旋門近くで遭遇しました。手口は知っていたので無視をしていたら、あまりにもしつこかったので、女の子の目をじっと見据えて日本語で「あなたスリでしょう」と言いました。彼女は、ことばはわからなくとも「自分たちのやり口はバレている」とわかったのでしょう。私から離れてくれました。ですが、私のやり方はあまりよくありません。スリを刺激せず、さっと立ち去るのが一番です。

親切なパリの地下鉄

地下鉄も、スリの女の子たちの職場です。「アンケートお願いスリ」のように小道具を使った高度なスリではなく、オーソドックスなスリをします。パリ在住の友人と一緒に地下鉄に乗っていたら、そのとき流れた車内アナウンスを友人が訳してくれました。「今、スリが地下鉄に乗ったそうよ」なんとパリの地下鉄は、スリが乗車すると「スリに注意」との車内アナウンスをしてくれるのです。なんて親切な、とは思いますが、それ以前にスリを捕まえろと思うのは私だけでしょうか。