パリっ子たちもお待ちかねのソルド

フランスでは夏と冬の年2回、「SOLDE(ソルド)」という5週間に渡って行われる大バーゲンがあります。地元のパリっ子たちも、手ぐすね引いてこのソルドを待ちます。いつもは憧れのあのブランドの製品が割引で買えるのですから、ワクワクしますね。日本ではバーゲン品というと、バーゲン用にストックしておいた商品を放出するというイメージがありますが、フランスではそんなことはありません。ついこの前まで、普通に店頭にあったものに値引きの札がつけられるのです。それに、日本では高級ブランドは、なかなか値引きしませんね。ですが、割引率は渋いものの、フランスでは高級ブランドもソルドに参加するのです。高級ブランドの服を買ってみたいということでしたら、フランスのソルドに突撃してもいいですね。

2016年バーゲン特集〜パリのソルドへ行きたい! 2016年バーゲン特集〜パリのソルドへ行きたい!

ソルド攻略の作戦は? しっかり計画しましょう

当然のことながら、ソルドの期間は各店舗は大にぎわいです。店員さんも大忙し。普段だったら、「この服には、この柄のスカーフを合わせるとステキですよ」とかアドバイスしてくれるのに、それどころではありません。ちゃっかり者のパリっ子たちの中には、ソルド前にお店へ下見に行く人もいるとか。服や靴はサイズが合わないものを買っても仕方がありませんので、しっかり試着までするようです。私は、ソルドの時期にパリに行ったら、試着室に行かなくてもいい帽子などの小物を買うようにしています。もし、大物狙いでしたら、買い物の時間はたっぷりとっておいたほうがいいですよ。

買い物にはデパートがおすすめです

観光客がソルドで買い物をするには、ギャラリー・ラファイエットのようなデパートがおすすめです。有名ブランドもたくさん入店していますので、あちこち移動する必要がないので効率的です。また、EU在住者以外は免税の措置を受けられますが、店員さんが大忙しのお店では、なかなか免税の書類をつくってもらうタイミングがありません。たとえば、ギャラリー・ラファイエット本館地下1階では、ジャパニーズカスタマーサービスで免税の書類を作ってくれますので、デパートで買い物をするメリットはこんなところにもあります。ただし、いつも混んでいるパリのデパートが、ソルドの時期はさらに混み合うわけです。そんな中には、スリも紛れ込んできますので、十分気をつけてくださいね。