ポストカード収集のススメ

誰でもひとつくらいはコレクションをしているものってありますよね。私は学生の頃から、ポストカードを集めるのを趣味にしています。海外旅行をするようになると、自然と渡航先でもポストカードを探しては買い集めるようになりました。1枚の値段はどこの国でもたいだい100円から200円程度と安く、たくさん買ってもかさばらないのもポイントで、コレクションは今もどんどん増え続けています。

欧米でポストカード探しを楽しむ 欧米でポストカード探しを楽しむ

その土地ごとにいろんなポストカードが見つかる

日本に比べて、欧米ではポストカードを贈り合う習慣があるため、カードの種類もとても豊富です。私がポストカードを探すときは、お土産屋さんはもちろん、デパートの文房具売り場、ブックショップなどもチェックしています。パリやニューヨークには、ポストカード専門のショップもあり、そんなお店に入るとつい時間を忘れてしまいます。観光客向けのお土産屋さんに置いてある絵葉書も、よく見てみると、観光地の風景などの定番モノから、ご当地出身の有名人の姿や言葉がデザインされたもの、その地域の郷土料理のレシピが載っているものなど、ユニークなものがたくさん見つかります。

ポストカードが空想の旅に連れていってくれることも

パリを訪れた時には、蚤の市や町中の古本屋さんも見逃せません。こうした古物を扱うお店では、アンティークのポストカードが売っています。絵柄も、まだモノクロの時代の写真や色あせた版画のイラストなどで、時を経て色あせてしまった絵葉書にはノスタルジックな雰囲気が漂っています。中には使用済みの絵葉書も売っていて、遠い昔の見知らぬ人が誰かに送った文面を眺めていると、このカードにどんな物語があるのだろう、と想像力をくすぐられる事も少なくありません。

ポストカード好きには素通りできないミュージアムショップ

また、美術館や博物館を見学したときには、必ず最後にミュージアムショップにも立ち寄って、印象に残った作品の絵葉書を購入するようにしています。帰国してからファイルにまとめて、自分のお気に入りの作品集のように眺めて楽しんだり、フレームに入れて壁に飾れば自分の部屋が美術館の展示室のようになっていいものです。このように、これからも旅行をする度に、ポストカードの数は増え続けていきそうです。