セーヌ河クルーズでパリの名所を水面から観光してみよう。

家族で初めてのパリ旅行なら、是非おすすめしたいのが、セーヌ川をクルーズする観光船「バトー・ムーシュ」です。クルーズには食事付きのコースもありますが、ファミリーなら気軽な遊覧だけの方がリラックスできると思います。気持ちのよい風を浴びながら、ルーヴル美術館、ノートルダム寺院、エッフェル塔などの観光名所を観光できます。食べ物や飲み物の持ち込みが可能なので、サンドイッチを買って船上でランチも素敵です。小さな船旅はきっとお子さんにとっても楽しい思い出になる事でしょう。

ファミリー向けのおすすめスポット【パリ編】 ファミリー向けのおすすめスポット【パリ編】

パリのオアシス、リュクサンブール公園へ行ってみよう。

パリの中心部の憩いの場になっているのが、リュクサンブール公園です。園内はお気に入りの場所でのんびりと過ごすパリっ子達の姿が絶えません。ここには子供達のための専用スペースもあります。チケットを買って入場する有料のプレイエリアは、様々な遊具が揃っていていつも元気な子供達でいっぱい。旅行中はなかなか身体を動かして遊べないものです、お天気のよい日は公園で思い切り遊ばせてあげるのもいいですね。近くには売店もあり、おやつや飲み物を買う事もできます。

言葉がわからなくても大丈夫、愛嬌たっぷりの人形劇「ギニョール」を見てみよう。

フランスの子供達に人気なのが、「ギニョール」と呼ばれている人形劇。パリではリュクサンブール公園内をはじめ数カ所に専門の劇場があります。チケットを買って劇場に入ると、元気のいい子供達がワクワクしながら開演を待っています。演目は年に数回変わりますが、有名な童話や、悪者を成敗したりとシンプルで分かりやすいストーリーがほとんど。言葉が分からなくても人形のコミカルな動きや効果音で十分楽しめます。

「進化の大ギャラリー」は必見!子供も大人も大満足の自然史博物館。

セーヌ川左岸の5区にある植物園の中に自然史博物館があります。1793年に、それまでの「王立薬用植物園」を母体として、自然史博物館が開館しました。世界各地のフランス植民地へ出かけて行った遠征隊たちの研究の成果を収集した展示は見応えたっぷりです。館内で思わず目を奪われるのが、数えきれないほどの動物の群れが、列になって前に進んで行くような姿で展示されている1階のメインホール。その姿はまるでノアの箱船のワンシーンのようです。吹き抜けの上階の手すりから、剥製のキリンがそっと見下ろしていたり、なんて遊び心もある展示は家族みんなで楽しめますよ。