コンサート会場はなんと現役の教会

パリ市内にあるいくつかの教会では、定期的に教会の室内を使ったコンサートを行っています。演奏時間は1時間ほど、弦楽四重奏やピアノ、合唱など小編成のものが中心で、演目も誰でも一度は耳にした事がある有名な曲が選ばれることが多いようです。チケット代も2000円から4000円程度ということもあり、普段クラシック音楽を聴かない人でも、気軽に生の音に触れられるので、地元の人はもちろん観光客にも人気があります。

パリで教会コンサートを楽しむ パリで教会コンサートを楽しむ

どうやって公演情報をキャッチする?

教会でのコンサートに行ってみたいと思ったら、まずはチケットを予約、購入しましょう。公演情報は街中のポスター(会場になる教会や近隣のカフェなどに貼られている事が多い)を見つけるか、もしくはキオスクで「pariscope」を入手しましょう。この情報誌は毎週水曜日に発売され、1週間分のパリ市内でのあらゆる催し物の情報がジャンル別に載っています。クラシックコンサートの欄に、教会でのコンサート情報もまとめて掲載されているので、日程や演目などを確認して選ぶといいでしょう。

チケットの予約、購入について

行ってみたいコンサートが決まったら、早速チケットの手配。予約の電話番号に電話してもいいのですが、言葉に自信がないという方は、たいていの公演は「FNAC」というプレイガイドでチケットの扱いがあるので、pariscopeの掲載ページを見せながら購入するとスムーズでしょう。また会場になる教会で直接チケット販売をしている場合もあるので、事前に教会まで行って、時間やチケットの購入方法などを確認しておくと安心です。

季節ごとの限定プログラムもおすすめ

マドレーヌ寺院、サンジェルマン・デ・プレ教会、サン・シュルピス教会など、パリの観光名所としてもおなじみの教会でコンサートが行われているところも少なくありません。厳粛な雰囲気の中で聴く演奏はとても素晴らしいもの。シーズンごとに演目が変わるので、クリスマスコンサートなど期間限定のプラグラムもおすすめです。中には無料コンサートもあるので、是非滞在中に一度体験してみてはいかがでしょう。