歴史的な町並みに異色を放つ不思議な建造物

パリの中心、4区のレ・アール地区はショッピングを楽しむ地元の人や観光客の姿が絶えない場所です。その街中で、ひときわ目を惹く建築物があります。構造体の骨組みや、電気、水道、空調などの配管がむき出しのまま、さらには透明のチューブ状になったエスカレーターが建物の外に付いているというなんともユニークでSF的なデザインは、一度目にしたら忘れられません。

パリの街に突如現れるポストモダン建築の代表作 パリの街に突如現れるポストモダン建築の代表作

あまりにも独創的なデザインに、竣工当時は顔をしかめるパリッ子もいたとか…

通称「ポンピドゥー・センター」と呼ばれているこの建物は、国際的なコンペにより選ばれた、レンゾ・ピアノとリチャード・ロジャースの設計によって建設され、1977年に開館しました。当初はあまりに斬新な外観にとまいどいを感じる人もいたそうですが、今となってはモダンなパリの顔としてすっかり風景の一部となっています。

今やパリに無くてはならない複合型文化施設

ポンピドゥー・センターは正しくは「ジョルジュ・ポンピドゥー国立美術文化センター」といい、6階建ての構造になっています。3階までが図書館、4,5階は国立近代美術館の常設展示、6階は企画展とレストランなどがあり、複合型の文化施設となっているのが特徴です。
地上階には美術館のチケット売り場、アート系の雑貨やブックストア、居心地の良いカフェなどがあり、知的好奇心を刺激してくれる雰囲気は観光客だけでなく、地元の人々にも人気です。

展望スペースからのパノラマは必見!

天気の良い日なら、最上階の6階からさらに登ることのできる展望スペースへ行ってみましょう。エッフェル塔、サクレクール寺院、オペラ座など、パリの主要なモニュメントがパノラマで一望できる、隠れたおすすめスポットです。また、ポンピドゥー・センターの前の石畳の広場は、大道芸人や似顔絵描きを冷やかしながら散策する人の姿が絶えません。さらに南隣には、ニキ・ド・サンファルやジャン・ティンゲリーの彫刻作品が配された池があり、ショッピングや美術鑑賞の合間に休憩するのにもってこいの場所。ポンピドゥーの建築を眺めつつ、パリを訪れたらぜひ散策してみて欲しいエリアの一つです。