世界一来館者の多い美術館はサービスも充実しています

世界中で一番来館者が多い美術館、それがフランスはパリにあるルーヴル美術館です。あらゆる国や地域から来館者が訪れるルーヴルでは美術館を楽しむために、様々なサービスを提供しています。初めてルーヴルを訪れる人にも、リピーターのあなたにも役立つ情報が沢山あります。渡航前にチェックしてみてはいかがですか?

ルーヴル美術館で利用できる様々なサービス その1 ルーヴル美術館で利用できる様々なサービス その1

見学の前にまずは情報収集

ルーヴル美術館を訪れたら、まずはインフォメーションカウンターを目指しましょう。館内の案内、見学のアドバイスを受けられる他に、イベントプログラムやおすすめの見学コースを掲載した小冊子も貰うことができます。「館内見取り図と館内案内」は、なんと12か国語バージョンが揃っているところはなんとも圧巻です。ルーヴル美術館では国籍に関わらず18歳以下の人は無料、そのほかにも条件に該当すれば、各種証明書を提示することで割引や無料で見学することができます。これらの情報についてもインフォメーションカウンターで確認することができます。

身軽になって快適に見学したい

観光の途中で美術館に立ち寄る場合に活用したいのが、クロークと手荷物預かり所のサービスです。美術館のチケットかミュージアム・パスを提示すれば、無料で手荷物を預かってもらえ、身軽に見学をすることが出来るのでぜひ覚えておきましょう。

様々な貸し出しサービスもあります

また、足が不自由だったり、館内での移動が困難な方へは、車いすや杖、折り畳みのイスなどの貸し出しサービスがあります。ベビーカーも借りられるので、見学の途中にお子さんが疲れて眠くなってしまった時などに重宝しますね。使用できるのは館内のみ、いずれも身分証明書をデポジットとして預けて借りることができます。ルーヴル美術館の中は地下から3階までの多構造になっていますが、車いすが利用できるリフトが各所にあります。インフォメーションカウンターではリフトを使って見学する場合のおすすめの順路なども教えてくれるので、あわせて聞いておくとよいでしょう。