庭園をお散歩、パリならではの優雅な過ごし方

パリ市内を歩いていると、とてもたくさんの公園があることに気付きます。気持ちの良い季節には、人々の憩いの場所になっているこれらの公園は、旅行者も観光やショッピングの合間に休憩するのにぴったりです。公園の中には美しく整えられた庭園も多く、中には居心地のよいカフェがあるところもあります。そんなおすすめ庭園カフェをご紹介しましょう。パリを訪れることがあったら、ぜひ一息入れてみてはいかがですか?

パリのおすすめ庭園カフェを紹介します パリのおすすめ庭園カフェを紹介します

ルーヴル美術館のすぐ隣に広がる庭園で一休み

ルーヴル美術館見学に合わせて訪れたいのが、すぐ近くにあるチュイルリー庭園です。ベルサイユ宮殿の庭園の設計で有名な、ル・ノートルの手によるもので、美しく整えられた西洋式庭園が広がっています。庭園の中にある「Le Café Reale」では、気軽にイタリアンが楽しめるとあって人気のお店です。他にもサンドイッチのスタンドやアイスクリームのスタンドなどもあるので、庭園の中のベンチに腰かけてゆっくり過ごすのもいいですね。チュイルリー庭園の北側には、夏季には移動式の遊園地も登場して、ツーリストだけでなく、地元のパリっ子たちも家族連れやカップルで訪れて夜まで賑わいます。

ロダン美術館の魅力的な庭園

美術に詳しくなくても、オーギュスト・ロダン作の彫刻「考える人」は知っているでしょう。パリの7区にあるロダン美術館は、ロダンが晩年にアトリエ兼住居として過ごしたロココ様式の美しい建物が目を引く美術館です。この建物はかつての所有者の名前にちなんで「ビロン館」と呼ばれています。そして美術館の作品と同じくらい魅力的なのが、建物を囲む庭園です。隅々まで手入れが行き届いた庭園には季節ごとに花々が咲き、噴水や散歩道もあります。

庭園の中に隠れ家的なカフェが!

庭園の中には、「地獄の門」や「考える人」などのロダンの作品も配置されており、作品を眺めながらのんびりと過ごすことができます。この庭園に併設されているのが、カフェ「Le Jardin de Varenne」。飲み物はもちろん、キッシュやサラダなどの軽食も食べられて、お天気のいい日なら断然外のテラス席がおすすめです。こちらは美術館を見学しなくても、2ユーロで庭園のみの入場もできます。