ラ・ヴィレット公園内の音楽施設

パリ市北東部の19区に、パリ市内でもっとも大きな公園であるラ・ヴィレット公園があります。この公園の南側には、人気漫画『のだめカンタービレ』の舞台にもなったパリ国立高等音楽院や大小のコンサートホール、楽器博物館を有する大規模複合施設のフィルハーモニー・ド・パリがあり、音楽好きにはたまらない地域となっています。市街地からはやや離れていますが、メトロ5番線のポルト・ド・パンタン駅からすぐのところにあり、観光にはけっして不便ではありません。今回はこのエリアにある楽器博物館についてご紹介します。

展示の様子。真ん中は有名なストラディヴァリ製作の楽器のみを集めたケース 展示の様子。真ん中は有名なストラディヴァリ製作の楽器のみを集めたケース

オーディオガイド必須の楽器博物館

楽器博物館はフィルハーモニー・ド・パリ2(手前の方の建物)の中にあり、入場料は7ユーロ。無料でオーディオガイドが借りられます。オーディオガイドは大人向けの内容が英語・フランス語・スペイン語、子ども向けの内容が英語・フランス語で解説されています。ですがこれらの言語が得意でない方も、オーディオガイドは必ず借りることをおすすめします。というのも、オーディオガイドには展示されている楽器が実際に演奏されている音源が収録されており、その数が多くとても充実しているからです。歴史的な楽器を目の前に眺めながら、それが奏でられる音楽を聴くのは最高のひとときです。

5つの時代に分かれた展示エリア

楽器博物館は7000点以上の楽器を所蔵していますが、展示されているのはそのうち約1000点。展示エリアは5つに分かれており、イタリアでオペラが生まれた17世紀初頭からルイ14世のもとヴェルサイユで音楽が発展した18世紀初頭まで、現代に通ずるさまざまな楽器が生まれた18世紀、それらの楽器が改良された19世紀、電気などを取り入れた現代の楽器、そしてヨーロッパ以外のさまざまな地域の楽器となっています。あらゆる種類の楽器が展示されていますが、ヴァイオリン族やヴィオール族、リュートやギターなどの弦楽器と、チェンバロやピアノなどの鍵盤楽器が特に充実しており、それらに興味のある方には最高に楽しめると思います。中でも3mをゆうに超える巨大弦楽器「オクトバス」は、この博物館ならではの展示品なので見逃さないようにしましょう。