美食のパリを満喫

「欧州周遊ユーレイルパスとユースホステルの旅7/フランス編(前編)パリYH客室からは列車が見えます!」からの続きです。パリでの滞在は1泊2日、ほとんどが自由時間でした。YHの視察と説明が終わった後の3時間、近くのモンマルトルの丘に登り、サクレクール寺院を見学。夕食は、パリ北駅近くのローカル系ビストロ「シェ・ミシェル(Chez Michel)」で! さすがフレンチ、ひとつひとつの料理の盛り付けといい、味といい、サーブの仕方といい完璧です。生ガキ、魚介のブイヤベース、鴨のパテほか10人分の料理はどれも美しく、全部味わってみたいものばかりでした。そういえば、最初のおつまみに小さな貝が出ました。これは、関東では「シッタカ」、九州では「ミナ」に似た旨みの詰まった貝です。ずっとパリに居ていろんなフランス料理を楽しみたい! と思わせる美食のパリの夕食を堪能しました。

ビストロ「シェ・ミシェル」の料理はどれも美しく美味 ビストロ「シェ・ミシェル」の料理はどれも美しく美味

自由時間はコンコルド広場とセーヌ河のリバークルーズ

最終日は、シャルルドゴール空港へ向かう午後1時ギリギリまで、朝からパリ観光です。まずは、初めてのパリで感動したコンコルド広場に向かいましたが、大きな観覧車ができていてびっくり。聞くところによると、季節毎にオープンしていた移動式観覧車がいつの間にか定着したそうです。しかし2018年秋現在は再び撤去されたとか。オベリスクの塔よりも観覧車が目立っていたので当然かもしれません。美観を重んじるパリらしさだと思います。そこからはタクシーを飛ばして、エッフェル塔そばに発着する「バトー・パリジャン」という日本語音声ガイド付のリバークルーズへ。快晴だったこともあり最高のクルージングを堪能。セーヌ河から見る観光名所の説明は、ガイドブックにも書かれていない興味深い内容でした。予約せずに直接乗り場に行っても、すぐ乗れましたよ。

二度と見れない? コンコルド広場の大観覧車 二度と見れない? コンコルド広場の大観覧車

完璧なまでに美しいエッフェル塔、王道観光を貫きました

皆さん、こんなに美しいエッフェル塔を至近距離で見たことがありますか? セーヌ河の橋の上から夜キラキラと輝くエッフェル塔ももちろん見ました。しかし、やはり目の前にそびえたつエッフェル塔は格別ですよね。毎年来ても、5年、10年、20年後に来ても、本当にエッフェル塔の美しさ、パリの美しさは永遠に変わりまん。今回のユーレイルパス&ユースホステルを巡る欧州周遊の旅は、列車の車窓風景に驚き、癒され、列車でなければ決して見ることのできないまだ見ぬ風景をもっと見てみたい、と思わせてくれるものでした。国境を超えるごとに変わっていく言語や習慣、人々のキャラクターの違いも楽しめます。生まれ変わったYHを泊まり歩くのは新鮮ですし、新たな発見も多いはずです。ユーレイルパスとユースホステルの旅、来年の旅にぜひプランしてみませんか?
●ユーレイルパス http://www.eurailgroup.org
●協力:日本ユースホステル協会http://www.jyh.or.jp/membershi

パリのシンボル、エッフェル塔 パリのシンボル、エッフェル塔