予算の関係上、パリでAIRBNB初体験!

筆者は長年バックパッカーだったこともあり、さまざまな国を旅していますが、今回初めて「AIRBNB(エアービーアンドビー)」で一般宅に滞在しました。AIRBNBとは2008年にアメリカで創業された、世界各国のさまざまなタイプの宿泊施設を予約できるサイトです。宿泊施設のタイプはホテルではなく、主に一軒家、一般宅の一部屋などです。今回筆者がAIRBNBで一般宅に滞在しようと思った一番の理由は、今回はフランスのパリでは、ホテルに宿泊するより一般宅の一部屋の宿泊のほうが、安く泊まれるからでした。

今回筆者が宿泊したパリのアパート 今回筆者が宿泊したパリのアパート

ホストの程よい距離感に心地良さ

実際、パリジャンの一般宅の一室に宿泊させてもらい、私はパリジャンのおしゃれなライフスタイルも垣間見れ、素晴らしい体験をすることが出来ました。リーズナブルなだけでなく、ホストとの程よい距離感のやりとりも心地良かったのは、想定外でした。自分の宿泊したい地域にどのような宿泊施設があるか、会員登録していなくとも検索できるので、まずは宿泊タイプや予算に応じて、サーチしてみましょう! 宿泊施設の写真、オーナーの写真、今までの宿泊客のコメントなども読めるので、参考になります。

AIRBNBで自分のアカウントを登録

サーチして泊まりたい宿が見つかったら、まずは自分のアカウントを登録しましょう。アカウント認証には、パスポートなどの政府発行の身分証明書の写真添付、メールアドレス、SMSで登録の際に必要な認証番号が送られてくる携帯電話番号などが必要になります。宿泊客である私たちとホストも共にしっかりした認証を済ませている場合がほとんどなので、双方安心して利用できると言うのが私の印象でした。どの項目の認証が済んでいるか、アカウントで確認もできます。

チェックイン・アウトの可能時間は要チェック

特に一般宅の一部屋を借りる場合は、チェックイン・アウトの可能時間を確認してから、宿泊の申し込みをしましょう。と言うのは、私がサーチしていて、チェックインが夜7時以降というところもあったからです。そんな中、私が今回宿泊した一般宅は、朝11時以降にチェックインできたので、とても良かったです。ちなみに今回私はパリで、税金サービス料など込みで一泊6000円以下で朝食付き、キッチン、ドライ機能付きの洗濯機の使用も可能で、非常に快適な滞在をしました。さあ、あなたも新しい体験を是非AIRBNBでしてみてはいかがですか!