長距離移動のチケットの価格を比較してみる!

価格を比較するために、一例をあげてみましょう。私の住むスペインのバルセロナからフランスのパリまで。距離は800km以上あり、飛行機か電車での移動が一般的です。LCC航空会社で1ヶ月後の最安値を見てみると、片道12.99ユーロ(約1,818円)でした。新幹線AVEの料金は、片道99ユーロ(約12,375円)。飛行機の方がはるかに安いです。しかも所要時間も飛行機は2時間かからないのに対し、新幹線は6時間半と、この勝負は飛行機の圧勝でした。

価格比較!! ヨーロッパで長距離移動するなら電車かバスか飛行機か? 価格比較!! ヨーロッパで長距離移動するなら電車かバスか飛行機か?

近日中の移動であれば、安いのはバス

では、一番時間のかかる国際バスを見てみます。ヨーロッパ内の国際バスを運行しているEuroLinesでバス料金を見てみると片道29ユーロ(約4,060円)でした。バスが一番安いと期待しましたが、結果は飛行機での移動が最安値でした。それでは、電車やバスの移動は価値がないのでしょうか。ところが旅行というのは、事前にスケジュールが組めることばかりではありません。3日後にパリへ行く設定で調べてみると、航空券は日にちが近いほど高額になりました。その結果、バスが一番安くなりました!

距離より需要で価格が異なる

国際バスも早めの予約でディスカウント席がありますが、値段差は飛行機ほど開きません。満席になることもないので、移動日を事前に決めていない旅には都合がいいです。電車も、切符の払い戻しが効くので、それができないLCCの航空券を買うより都合がいいです。また、比較したのは主要路線で、1日に便が1本しかないようなマイナー路線では事情が異なります。飛行機の値段が高くなったりしますが、電車は概ね距離辺りの料金設定なので価格の跳ね上がりもなく、安定しています。

最近話題のフェリーで周遊する旅

最近、話題の旅といえばフェリーの旅。町から町へと寝ている間に連れて行ってくれ、重たい荷物を運ぶことなく、空港での待ち時間もない便利な旅です。特に都市を周遊するの旅に向いています。でも、フェリーは高級すぎる?イメージでしょうか。最近は不景気と値段競争の結果、価格が下がってきています。都市間の移動費やホテル費が込みだと思えば、新しい選択肢に追加できます。何より、快適さと楽の比較をしたら、飛行機や電車、バスの移動の上を行きます。移動手段は価格比較だけでなく、時間や条件に合ったものを選ぶと旅上手な人になれますね。