フランスで初ウーバーしてみた!

筆者がパリで滞在していた宿から、その後、地方都市に向かう電車が発着する駅までは、メトロで大回りして乗り換えがあることがわかりました。この乗り換え駅で一度乗り換えたことがあったのですが、いくつもの線が乗り入れています。スーツケースでの階段の上り下りはハードだなと思い、UBER(ウーバー)を利用してみようと思いつきました! と言うのは、地図で確認すると車なら4キロほどで行けるからです。インドではウーバーを利用したことがありますが、フランスでは初めてです!

今回乗った、パリで頼んだウーバーの車内の様子 今回乗った、パリで頼んだウーバーの車内の様子

早速、ウーバーを登録してみた!

まずは、アプリでウーバーをスマホにダウンロードします。その後、ウーバーに自分のアカウントを登録するのに必要なのは、携帯電話番号、メールアドレス、クレジットカード番号でした。インドでは、現金でも支払いが出来ますが、フランスではクレジットカードでの利用のみだったので、クレジットカード番号も登録しました。特に難しいこともなく、登録が終了しました。その後、予約画面を見ると、スケジュールライディングというのがあり、乗車の事前予約が出来ることがわかり、早速こちらを利用することにしました。現在地の住所と降車地の住所を入力し、料金の目安を見ると9ユーロから12ユーロ。想定内の金額でホッとして、約2時間後の11時40分に予約し、車を待つことにしました。

15分ほど前に確認のメッセージあり

15分ほど前には確認のメッセージが来て、予約乗車時間の5分ほど前には準備していてくださいとありました。その後、到着数分前には、車種、ナンバー、運転手の名前が送られてきました。そして、11時42分に車が到着! 11時40分から11時55分の間に到着予定とあったので、時間的にも満足です。筆者はスーツケースがあったので、ドライバーが降りてきて、トランクに積んでくれました。約15分ほどで目的地の駅に到着。料金を聞くと、ウーバーを開けてみてと言われ、Your Tripsの pastのところに10.21ユーロとあり、料金の目安内。こちらも満足できました。友人達と移動する時などは、まずは料金の目安だけでもチェック出来るので、TPOに応じてメトロ、ウーバーと使い分けても便利です。意外と簡単に使えるウーバー、フランスで是非あなたも利用してみてはいかがでしょうか!