個性豊かなパリのデパートやスーパーマーケット

何でも揃うデパートや大型スーパーは、旅先でもついのぞきたくなるもの。パリのデパートや大型スーパーはそれぞれに独自のブランディングを行っていて、とても個性が豊か。最近ではオリジナルのブランド商品を置く店も増えてきて、品質のよさとデザイン性が評価され目の肥えたパリの人たちにも支持されています。今回は特に人気のある店を紹介します。

お土産にも喜ばれる、パリのデパートやスーパーのプライベートブランド お土産にも喜ばれる、パリのデパートやスーパーのプライベートブランド

世界で最初のデパート(百貨店)のショッピングバッグ。

1852年に世界で最初のデパートといわれる「ボン・マルシェ」が生まれたのがパリの街。今も同じ場所で営業しており、昨年は160周年を迎え話題になりました。老舗デパートですが、店内はモダンで優雅な雰囲気で、厳選された商品が並ぶ店内は、今も老若男女を問わず多くのパリっ子に支持されています。「ボン・マルシェ」には食料品だけを扱う別館があり、そこで販売しているオリジナルのショッピングバッグが人気です。パリのマダムも愛用している黒字に白抜きのロゴがシックなデザインは、パリらしい実用的なお土産にもなりそうですね。

デザイン性とコストパフォーマンスなら、「モノプリ」ブランドがイチオシ。

チェーン展開しているスーパーはいくつかありますが、その中でも最も人気のあるのが「モノプリ」です。食料品はもちろん、なんでも揃うので生活にとても密着した存在です。モノプリでは衣類、食品、生活雑貨すべてにプライベートブランドを揃えており、流行に敏感なデザインが手頃な値段で手に入ると、地元の人に支持されています。特に衣類はベビー、子どもから大人まで揃い、人気のデザインはすぐに売り切れになるほどです。食料品もモノプリプランドはパッケージがお洒落なので、私はいつもお土産用にまとめ買いしてしいます。シャンゼリゼ通りには24時間営業の店舗があり、旅行者が行きやすい場所にあるのも嬉しいところです。

パリを代表する2大デパートでは、ファッション雑貨が狙い目

パリのデパートといえば、思い浮かぶのがオペラ座のすぐ裏手に並ぶ「ギャラリー・ラファイエット」と「プランタン」の2大デパート。どちらも朝から晩まで世界中から訪れる観光客が絶えないというショッピング天国です。もちろん両店ともプライベートブランドを展開しており、値段も手頃。特にバッグをはじめとしたファッション雑貨は、ベーシックなアイテムも最新の流行を取り入れたアイテムも豊富に揃い、普段使いにもぴったりです。また店名のロゴ入りのショッピングバッグは、帰国してもパリ気分を味わえるので私も愛用しています。