観光スポット「オーベル・シュル・オワーズ」の旅行情報

観光スポット「オーベル・シュル・オワーズ」の旅行情報

オーベル・シュル・オワーズ

名称:オーベル・シュル・オワーズ(フランス/パリ
ジャンル:観光スポット

セーヌ川の支流オワーズ川沿いにある、小さな村でありながら、ゴッホが自らの命を絶った場所としてその名が世界に知れわたることになった。のどかな田園風景が広がるこの村を愛した画家は数多く、セザンヌ、ゴーギャンらもここの風景をモチーフにした作品を残している。天才画家ヴァン・ゴッホがここに居を定めたのは自殺までのわずか2カ月間であったが、「オーベルの教会」「カラスのいる麦畑」を> はじめ多くの傑作がここで生まれた。村にはゴッホ公園、ゴッホ美術館があるほか、ノートルダム教会の丘の上にはゴッホの墓もある。

ここに行くツアーを探す

現地ガイド発!パリの観光スポット最新情報

2017/09/20 観光地・名所

子連れでパリに来たらJardin d'Acclimatationでたっぷり一日遊ぼう

パリ旅行イメージ-ぐるぐると高速で回転するドラゴンのアトラクション。後方にも回転します ぐるぐると高速で回転するドラゴンのアトラクション。後方にも回転します

子連れでパリに来たらぜひ訪れてほしいのが、jardin d'acclimatationです。パリの西側ブーローニュの森の北側に位置し、公共交通機関のメトロやバスでアクセスも簡単。なんとその歴史は1860年まで遡り、ナポレオン三世の都市計画によって造られ、現在も多くの親子連れで賑わいます。2009年6月にはアメリカ元大統領バラク・オバマ氏の子どもたちが遊びに来たことでも有名です。敷地内には定番の公園遊具や遊園地のアトラクション、文化的建造物をはじめ、さまざまな動植物が観察できるエリアもあります。広すぎず小さすぎず、大人も子どもも1日たっぷり遊ぶにはちょうどいい大きさの公園です。2014年10月に…続きを見る



パリ旅行でぜひ訪れたい観光スポット


 

ぜひ滞在したいホテル

パリツアー人気ホテルを見る

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

オーベル・シュル・オワーズへの旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。