page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

観光スポット「オーベル・シュル・オワーズ」の旅行情報

オーベル・シュル・オワーズ

名称:オーベル・シュル・オワーズ(フランス/パリ
ジャンル:観光スポット

セーヌ川の支流オワーズ川沿いにある、小さな村でありながら、ゴッホが自らの命を絶った場所としてその名が世界に知れわたることになった。のどかな田園風景が広がるこの村を愛した画家は数多く、セザンヌ、ゴーギャンらもここの風景をモチーフにした作品を残している。天才画家ヴァン・ゴッホがここに居を定めたのは自殺までのわずか2カ月間であったが、「オーベルの教会」「カラスのいる麦畑」を> はじめ多くの傑作がここで生まれた。村にはゴッホ公園、ゴッホ美術館があるほか、ノートルダム教会の丘の上にはゴッホの墓もある。

ここに行くツアーを探す

現地ガイド発!パリの観光スポット最新情報

2018/05/11 観光地・名所

海外へ旬の花を見に行こう!/印象派の代表作「睡蓮」を生んだジヴェルニーのモネの庭へ

印象派を代表するフランスの画家、クロード・モネ。1874年に「印象派」という言葉を生んだ『印象・日の出』を発表しますが、しばらくは評判も良くなく、認められたのは1880年代に入ってからでした。モネに注目する人々が現れ始める1883年、43歳になったモネはノルマンディー地方の村、ジヴェルニーに移住し、残りの人生をここで過ごします。モネは邸宅よりも、絵を描くための庭園に力を入れました。色とりどりの花が咲くように多くの花壇を組み合わせ、「色のパレット」と呼ばれるノルマンディー風庭園の「花の庭」を造ったほか、睡蓮の池がある「水の庭」も造りました。特に1898年以降になると、モネは睡蓮の池を集中的に描く…続きを見る



パリ旅行でぜひ訪れたい観光スポット


 

ぜひ滞在したいホテル

パリツアー人気ホテルを見る

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

オーベル・シュル・オワーズへの旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。