page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

レンヌグルメガイド

レンヌのグルメ・伝統料理

レンヌは、ブルターニュ・グルメの宝庫。オマール海老や牡蠣など種類豊富なシーフード、フランス最高級銘柄のシャロレー牛や、地鶏ククー・ド・レンヌの料理がおいしい。良質のバターや塩の名産地でもあるので、郷土料理やお菓子に有塩バターがたっぷり使われている。そば粉のクレープにハムやチーズをくるむ「ガレット」は、軽い食事をとりたいときにおすすめだ。クイニー・アマン、ファー・ブルトン、バタークッキーなどの焼き菓子や塩バターキャラメルはお土産にも最適。(2015年編集部調べ)


レンヌのレストラン・屋台

レンヌ中心部には約400店もの飲食店があり、高級レストランやオーベルジュ、ビストロ、ブラッスリー、各国料理レストラン、カフェなど食事をするところはよりどりみどり。おすすめはシーフードレストラン。エビや牡蠣、カニ、貝類を大皿にドーンと盛り合わせた「フリュイ・ド・メール」が豪華だ。そば粉のクレープ「ガレット」は、町中に多数ある専門店のクレープリーで味わえる。リース広場の土曜市に並ぶ屋台で食べ比べを楽しむのもいい。

レンヌの水・お酒

水道水は飲用できるが、石灰が多く含まれており飲みにくい。ミネラルウォーターを買う場合は、ガス入りとガスなしがあるので注意しよう。水やお酒はスーパーなどで気軽に買える。お酒は地域特有のものがおもしろい。名産のリンゴから作る微発泡酒「シードル」、洋梨の微発泡酒「ポワレ」、ハチミツのお酒「シュシェン」、海水から作る地ビール、そばビール、そばウイスキーなど個性派揃い。ご当地コーラ「ブレッツ・コーラ」はレンヌの学生たちにも人気だ。


現地ガイド発!レンヌのグルメ・料理最新情報

2016/11/08 グルメ

パンを食べない?、ワインを飲まない?、フランス〜ブルターニュ地方とは?

レンヌ旅行イメージ-パンを食べない、ワインを飲まないフランス〜ブルターニュ地方とは? パンを食べない、ワインを飲まないフランス〜ブルターニュ地方とは?

ブルターニュ地方は、フランスの北西部に位置しています。イングランド島南部に向かって、にょきっと突き出た半島です。ここは、フランスでも一風変わった地域で、イングランド島から渡ってきたケルト系のブリトン人が祖先なのです。元来ブルトン語を話し、15世紀まではブリトン公国という独立国でした。世界遺産で有名なモンサンミッシェルをご存知の方も多いでしょう。荒涼とした干潟の中にそびえる教会です。モンサンミッシェルよりほんの少し西に当たるのがブルターニュ地方で、似たような厳しい自然が続いています。なんと言っても、特筆すべきは夏の涼しさです。緯度はさほど変わらないにもかかわらず、パリよりも5℃は気温が低いのです…続きを見る


レンヌのグルメ・料理ガイド記事

レンヌの記事一覧を見る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


レンヌグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるレンヌの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
レンヌのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!