ルーアン旅行・ルーアン観光徹底ガイド

ルーアン旅行・ルーアン観光徹底ガイド

ルーアン旅行・観光の見どころ・観光情報

ルーアンは、パリの北西に位置するノルマンディー地方最大の町。ローマ時代からの歴史を持つ古都であり、ジャンヌ・ダルクが最期を遂げた地としても知られている。この町のシンボルとも言えるのが印象派の画家クロード・モネが描いたノートルダム大聖堂。その荘厳な佇まいには思わず圧倒される。旧市街には他にもサントゥアン教会やジャンヌ・ダルク教会など、町そのものが美術館と例えられるような美しい風景に出会える。小さな町なので、ゆっくりと歩いて観光するのがおすすめだ。(2016年9月編集部調べ)

言語 通貨 レート(2017/03/29現在) フライト時間 現地との時差
フランス語 EUR 1 EUR = 119.7376 JPY 約13.0時間 約-8時間

ルーアンの人気問合せ情報

ルーアンの最安値カレンダー

ルーアンへ行くツアーを見る

ルーアン旅行・観光の選び方

周遊ツアー、もしくはパリ滞在プランを利用して訪れる。美しい町並みを楽しもう

ルーアン1都市滞在のツアーはなく、パリとノルマンディー地方を組み合わせたものや、フランス国内を周遊するツアーから選ぶことになる。どちらもツアー期間は1週間程度が中心。ルーアンでは観光のみで宿泊するプランは少ないので、もし宿泊したい場合は手配旅行がおすすめだ。また、パリからは鉄道で簡単に日帰りできる距離なので、パリ滞在プランを使って自分で日帰りしてもいいし、オプショナルツアーを利用してもいい。ルーアンでの食事は、ノルマンディー地方は乳製品が有名なので、地元産のチーズをぜひ味わってみよう。お土産には素朴な手描きの模様が可愛いルーアン焼きの陶器がおすすめだ。(2016年9月編集部調べ)


ルーアンのグルメ・伝統料理

ルーアンはノルマンディーの中心都市で、ジャンヌ・ダルク終焉の地として人気の観光地。それだけにレストランやカフェの数も多く、グルメでも食事場所に困る事は無い。ノルマンディーの名産といえば牛の生乳で作られた日本でもお馴染みのカマンベールチーズや、海辺の塩気のある牧草を食べて育った牛の肉プレ・サレなど。珍しいものでは、“鴨の血料理”を食べさせるレストランがルーアンにある。料理名は恐ろしげだが味はいたって美味しいので、滞在中に試してみるのもいい。また、カルヴァドスというりんごを使ったブランデーも特産品だ。(2015年編集部調べ)

ルーアンのショッピング情報

ルーアンでの特産品と言えば、なんといってもカマンベールチーズ。ノルマンディー産の牛乳から作られたものだけがカマンベールと名乗ることを許されており、「チーズの女王」と呼ばれている。また、16世紀に製陶業で栄えた歴史を持ち、それを今に受け継ぐルーアン焼きの陶器も人気のお土産品。元々は白地に単色で動植物が描かれていたが、18世紀以降はカラフルなものが主流となっている。他にも、リンゴのお酒であるシードルを蒸留して作られるカルヴァドスもこの地域の名産品。三大ブランデーのひとつとして有名だ。(2015年編集部調べ)

ルーアンの気温・降水量ベストシーズン情報

一年を通じて比較的温暖な気候だが、春から秋が天気もいいベストシーズン。服装は同時期の東京と一緒でOKだが、海風が強い時もあるので上着を1枚多めに持つと安心。(2015年編集部調べ)

ルーアンの人気ツアー

ルーアン旅行・ルーアン観光徹底ガイド

1件ヒットしました (1旅行会社 49.80万円)
  • 1|
人気度

合算燃 49.80

旅行代金: 49.80

燃油燃:旅行代金に含まれています

9日間

成田発

フランス (ベルサイユ、ルーアン、モン・サン・ミッシェル他) ツアー

ホテル:
ホテル・ドゥ・ブールトルルド、ホテル・ル・ヴェルサイユ、ホテル・ノボテ…
航空会社:
エールフランス航空(日本発:午前)

旅行会社/ブランド: ルックJTB

1件ヒットしました (1旅行会社 49.80万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook