サンマロ旅行・サンマロ観光徹底ガイド

サンマロ旅行・サンマロ観光徹底ガイド

サンマロ旅行・観光の見どころ・観光情報

サンマロはブルターニュ地方のフランス最北端、英仏海峡に面した町。城塞にぐるりと囲まれたサン・ヴァンサン大聖堂を中心にした旧市街の古い街並みは、第二次大戦時に破壊されたものを忠実に再建したもので、かつての佇まいを今に伝えている。フランス最大の港として名を馳せた町も、今はリゾート地として人気の観光地だ。土産物屋や博物館などが並ぶ旧市街は、大勢の観光客でにぎわっている。レストランでは海辺の町ならではの新鮮な魚介類や、ブルターニュ名物そば粉のクレープ「ガレット」をぜひ味わってみよう。(2016年9月編集部調べ)

サンマロへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/05/24現在) フライト時間 現地との時差
フランス語 EUR 1 EUR = 124.9617 JPY 約13.5時間 約-8時間

サンマロの人気問合せ情報

サンマロの最安値カレンダー

サンマロ旅行・観光の選び方

ツアーは幾つかの都市を組み合わせた周遊型が中心。旧市街のそぞろ歩きも楽しもう

サンマロを訪れるツアーは、フランスの主要都市を巡るものやパリとブルターニュ地方を組み合わせた周遊型のプランが中心。ツアー期間は6日間前後が主流だ。ただしサンマロは観光だけで宿泊しない場合も多いので、ツアー内容をよく見比べて選ぶといい。サンマロでは城壁内の旧市街のほかに、城壁の上も歩くことができ、眺めが良いのでおすすめだ。散策で疲れたら地方料理のガレットやクイニーアマンで一息入れるのもいい。お土産にはマリンテイストの小物や、日本でも人気の塩キャラメルなど。(2016年9月編集部調べ)


サンマロのグルメ・伝統料理

サンマロがあるブルターニュ地方の郷土料理といえばソバ粉のクレープ(ガレット)が有名。厳しい気候のため小麦が育たず、特産だったソバが使われるようになった。日本では甘いおやつの印象が強いクレープだが、本場のガレットは様々な具の種類があり立派な食事。サンマロの旧市街にもガレット専門店クレープリーがたくさんあり、こうした店ではリンゴから醸造した発泡酒シードルと一緒に食べるのがおすすめ。他にも海辺ならではの新鮮なシーフードが人気。サンマロの近くのカンカル名産の生牡蠣をはじめフリュイ・ド・メール(海の幸の盛り合わせ)やムール貝などはグルメも満足の味。(2015年編集部調べ)

サンマロのショッピング情報

海に突き出すようにして城壁に囲まれた旧市街には様々な特産品を売るブティックやお土産屋が並び、一日中多くの観光客でにぎわっている。ブルターニュ沿岸の名物、ボーダー柄のマリンウエアや雑貨、名産のバターを使った「クイニーアマン」や「ファーブルトン」などの焼き菓子はお土産にもぴったり。この地域でしか売っていないサンマロならではのショッピングを楽しみたい。同じ地方で作られるカンペール焼きの陶器類も手描きの絵柄が可愛く旅の思い出の品としておすすめ。(2015年編集部調べ)

サンマロの気温・降水量ベストシーズン情報

温暖な気候。雨の多い海洋性気候に属するが、夏のバカンスシーズンは天気がいい。服装は同時期の東京と一緒でOKだが、海風が強い時もあるのでしっかりとした上着があると安心。(2015年編集部調べ)

サンマロの人気ツアー

サンマロ旅行・サンマロ観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top