ストラスブールグルメ・料理ガイド

ストラスブールグルメガイド

ストラスブールのグルメ・伝統料理

ストラスブールがあるアルザス地方の料理は、歴史的背景もありドイツの影響がとても強い。郷土料理の代表格はシュークルートといい、酢キャベツの上に炒めたベーコンとタマネギを載せたボリュームたっぷりの料理だ。フランス屈指のフォアグラの産地でもあり、様々な豚肉加工品も有名とあってグルメにとっては食事が楽しみな町。同じく名産のアルザスワインやアルザスビールとも相性ぴったり。クリスマスが近づくと町なかには、クリスマスマーケットがたち、屋台で郷土料理も味わう事ができる。(2015年編集部調べ)


ストラスブールのレストラン・屋台

ストラスブールはアルザス地方で一番の観光地とあって、庶民的な店から高級レストランまで食事をする場所には困らない。中でもおすすめなのはアルザス語で「Winstub」と看板に書かれたワインビストロ。気取らない雰囲気で、名産のアルザスワインと美味しい郷土料理を味わうことができる。また小腹が空いた時は、町中のスタンドで売っているドイツ風のホットドッグやパン屋でこの地方名物のプレッツェルという塩味のパンなどを買って食べることもできる。

ストラスブールの水・お酒

水道水は基本的に飲めるが、石灰分がかなり高いため、胃腸の弱い人にはミネラルウォーターをおすすめする。キオスクでも買えるが、スーパーの方が全体的に割安。炭酸ガス入りとガス無しのものがあるので注意。お酒は、ストラスブールはワインとビールの名産地とあって、銘柄も沢山ある。スーパーやデパートでも購入できるが、専門店で店員に好みなどを伝えて試飲しながら選ぶ事もできる。アルザスビールの「クローナンブール1664」はフランス中で人気だが、生ビールが飲めるのは現地ならでは。


現地ガイド発!ストラスブールのグルメ・料理最新情報

2016/07/21 グルメ

地ビールと郷土料理を満喫! ストラスブールのオ・ブラッスール

ストラスブール旅行イメージ-入ってすぐのところからはビール釜が見える 入ってすぐのところからはビール釜が見える

フランスの古都ストラスブールに、創業1746年という長い歴史を持つレストラン「オ・ブラッスール(Au Brasseur)」があります。人気観光スポットのストラスブール大聖堂から歩いて5分ほどの立地で、シュークレールやタルトフランベといったアルザス地方の伝統的な郷土料理を堪能でき、料金的にもリーズナブルなお店ですので、ストラスブール観光で食事に悩んでいる方におすすめのレストランです。そして実は、このお店の魅力は美味しい料理だけではありません。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ストラスブールグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるストラスブールの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ストラスブールのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!