page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
フランス・ストラスブール・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

おとぎ話のような美しい街並みのアルザスへ行こう!


掲載日:2008/10/20 テーマ:祭り・イベント 行き先: フランス / ストラスブール

タグ: お土産 クリスマス メルヘン 市場


ストラスブールのクリスマス市(マルシェ・ド・ノエル)

クレベール広場の巨大クリスマスツリーはストラスブールのクリスマス市のシンボル的存在 クレベール広場の巨大クリスマスツリーはストラスブールのクリスマス市のシンボル的存在

クリスマスが近づくとヨーロッパ各地でクリスマス市がたちます。クリスマス市ではクリスマスにまつわる雑貨やその地方の特産品、お料理、お菓子やお土産の類が並びます。パリ市内でも、12月に入るとサン・ジェルマン・デ・プレ駅前広場や、モンパルナスタワー前、サン・ラザール駅前などで小規模なクリスマス市がたちますが、やはりわざわざ足を伸ばしてでもお勧めしたいのが、フランス最大級のクリスマス市の街ストラスブールです。

おとぎ話の世界に入ったような街並み、ストラスブール

アルザス伝統家屋のミニチュアのお家。かわいいお土産になります アルザス伝統家屋のミニチュアのお家。かわいいお土産になります

ストラスブールとはフランス北西部アルザス地方に位置する商業都市ですが、その美しい町には見所がたくさんあります。街の中心にある立派なカテドラルやアルザス伝統家屋が並んだ街並みのプチ・フランス、ストラスブールのイメージキャラクターであるコウノトリ、シュー・クルートやタルト・フランベなどの郷土料理、お菓子屋さんに必ず並んでいるクグロフやパン・デピスなどなど。普段から魅力あふれるストラスブールですが、クリスマス市がたつと、街全体がクリスマスムード一色になり、あまりの美しさにまるでおとぎ話の世界に来たみたい。この時期のフランス旅行の際にはぜひ足を伸ばしていただきたい街です。

アルザス郷土菓子とヴァン・ショー(ホット・ワイン)

冷えた身体をホット・ワインで暖めて… 冷えた身体をホット・ワインで暖めて…

クリスマス市の期間中は、ストラスブールの特産品をつまみ食いできるチャンスです。この季節ならではのパンデピス(スパイスのパン)や、アルザス特産のクグロフ、またコンフィチュール・ド・ノエル(ナッツやドライフルーツたっぷりのクリスマスのジャム)は衝撃的な美味しさでした。パンデピスやジャムは日持ちもするのでお土産にもぴったりです。クグロフをかじりながら、ヴァン・ショー(ホット・ワイン)で体を温めるのもお勧めの食べ方です。ぜひストラスブールのクリスマス市をお楽しみ下さい。

【関連情報】現役パティシエ田中知子のお勧めイベント

クリスマス時期のカテドラル周辺はイルミネーションとアルザスの町並みがとても素敵です クリスマス時期のカテドラル周辺はイルミネーションとアルザスの町並みがとても素敵です

■ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル(クリスマス市)
2008年の開催日時:11月29日〜12月25日 10:00〜20:00
イルミネーションは16:00より点灯
クリスマスに近づくにつれてお店の数が増え、クリスマス・イヴを過ぎるとお店の数は少なくなります。

■ストラスブールまでのアクセス
パリ東駅からSNCFで約4時間、TGVで約2時間20分。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/10/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索