ベルサイユグルメ・料理ガイド

ベルサイユグルメガイド

ベルサイユのグルメ・伝統料理

べルサイユ特有の郷土料理というと、ジビエがある。森が多い地方ということで秋になり狩猟が解禁されると、真鴨や野兎、イノシシなど、野性味溢れる料理を堪能することができる。日本では食べる機会がまだ少ないこともあり、秋冬に旅行をするならぜひグルメもすすめるジビエ料理を試してみよう。また一年中観光客の訪れるべルサイユは、パリと同じく、食事をする場所もレストランからカフェ、サンドイッチの売店まで様々な店がある。時間や予算に合わせて選べばよい。(2015年編集部調べ)


ベルサイユのレストラン・屋台

べルサイユの街自体は小さいが、世界中から観光客が絶えないとあって、食事をする場所には困らない。レストランやカフェは駅周辺に集まっている。カフェでは「Plat du jour」という日替わり定食をメニューに用意していることが多く、リーズナブルで美味しいので注文に迷った時におすすめ。またベルサイユ宮殿の庭園内にも、レストランやサンドイッチなど軽食を売る売店があるので、観光しながら気軽に食べたい時に便利。パリからの日帰りで訪れる場合は、帰りの時間も考えてディナーはパリに戻ってからとるほうが無難。

ベルサイユの水・お酒

フランスの水道水は飲むことはできるが、フランス人もミネラルウォーターを日常的に買って飲んでいる。日本でも有名は「エヴィアン」や「ヴィッテル」などがあり、炭酸ガス入りのものとそうでないものがあるので注意。スーパーマーケットやキオスクなどのスタンドで購入できる。観光地では個人で飲み物を売る売り子もいるが総じて割高。お酒はレストランではもちろんカフェでも飲める。ワインはもちろん、最近はビールも人気で、ソフトドリンクよりも安い場合も多い。スーパーや商店ではスピリッツ類は鍵付きの棚に入っている場合があり、購入する際は店員に言って開けてもらう。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ベルサイユグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるベルサイユの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ベルサイユのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!