世界遺産「バグラティ大聖堂とゲラティ修道院(ゲラティ修道院)」の詳細情報

グルジアの世界遺産・名所ガイド

Bagrati Cathedral and Gelati Monastery

バグラティ大聖堂とゲラティ修道院

名称:バグラティ大聖堂とゲラティ修道院(グルジア
英語名称:Bagrati Cathedral and Gelati Monastery
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1994年

グルジア最盛期の栄華を伝える建造物群

ロシアの南方グルジア西部、イメレティ地方の古都クタイシは、交通の要所でありまた歴史のある街で、伝統文化を守り、篤い信仰心によって多くの聖堂や修道院が建てられた。バグラティ大聖堂とゲラティ修道院は、11〜12世紀、グルジア王国が隆盛した時代に築かれた。大聖堂は、オスマン帝国により破壊されたが後に修復され、中世グルジア建築を彩る象徴となっている。大聖堂の壁画、特に動植物の浮き彫りがほどこされた外壁は現存している。ゲラティ修道院の聖母マリア聖堂には、12〜17世紀にかけての壁画や写本が数多く収蔵されており、天井モザイク画やフレスコ技法による壁画の価値が高く評価されている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


グルジアの世界遺産「バグラティ大聖堂とゲラティ修道院」についてご紹介します。バグラティ大聖堂とゲラティ修道院の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。