世界遺産「上スヴァネチア(アッパースヴァネティ)」の詳細情報

グルジアの世界遺産・名所ガイド

Upper Svaneti

上スヴァネチア

名称:上スヴァネチア(グルジア
英語名称:Upper Svaneti
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1996年

小さな聖堂と防御塔を備えた住宅からなる景観

東西交易の要であり、異民族の侵入で複雑な歴史をたどったコーカサス三国の一つであるグルジア。その北西部、ロシア国境に重なる大カフカス山麓とスヴァネト山地にはさまれた山岳地帯にある上スヴァネチアは、ヨーロッパ最後の秘境とされる。そこに住む勇猛なスヴァン族は、グルジア王国の最盛期に軍団の中核となった。11世紀のキリスト教化で、街並みは中世宗教都市の面影が色濃い。周辺民族との争いで住居は要塞化され、防御塔は高さ10mに及んだ。13世紀のタタール人侵入により外部と隔絶されて独自の伝統を保ち、高水準の工芸技術を育んできた。聖堂に施されたフレスコ壁画、エマーユという技法による金属工芸品など、グルジア美術を代表する装飾芸術が多数。住居、塔などの建造物群はウシュグリ村に多い。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


グルジアの世界遺産「上スヴァネチア」についてご紹介します。上スヴァネチアの観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。