page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・バート・メルゲンハイム・お酒・バーの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

タウバーフランケン地方のワイナリー巡りで美味しいドイツワイン発見!


掲載日:2019/10/25 テーマ:お酒・バー 行き先: ドイツ / バート・メルゲンハイム

タグ: おいしい ワイン 一度は行きたい 大自然


タウバーフランケン地方のワイン

ワイナリー巡りで素敵なグルメ料理に出会うサプライズに感激。しかも料理を手掛けたのはワイナリー・シュタ―ル氏だと聞き、2度びっくりでした ワイナリー巡りで素敵なグルメ料理に出会うサプライズに感激。しかも料理を手掛けたのはワイナリー・シュタ―ル氏だと聞き、2度びっくりでした

ドイツのワイン生産地は13地域あります。タウバーフランケンはそのひとつのフランケン地方に属し、マイン川の支流タウバー川に沿って、ヴェルトハイムからバード・メルゲントハイムまでの一帯を指します。

ぶどう畑は、タウバー渓谷の南斜面に開墾されており、温暖な気候と豊かな水回りが美味しいワインを造る最適な場所にあります。そのワイナリーの多くは隣の州バーデン・ヴュルテンベルク州にも属しているため、バーデン地方のワイナリーもタウバーフランケン地方に含まれます。日本でよく知られるボックスボイテルの丸い形の瓶でも有名なワイン生産地です。

タウバーフランケンにある個人ワイナリーは30軒ほどあります。日本ではあまり知られていない個性あるワイナリーを訪問しました。

あまり時間のない観光客にとって、これらのワイナリーを巡ることは難しいかもしれませんが、レストランやお土産店で出会う可能性も高いかと思います。聞いたことのあるワイナリーだと、安心して口にしたり、購入することが出来るのではないでしょうか。

2018年人気ナンバーワンのワイナリー・シュタール

ワインの売上高はクリスチャンさんが手掛けるようになってから2千パーセントもアップしたという ワインの売上高はクリスチャンさんが手掛けるようになってから2千パーセントもアップしたという

ワイン造りが高じて料理にもはまり、ワイン醸造と高級レストランコック長の二つの顔を持つクリスティアン・シュタ―ル氏は、ドイツの全国新聞フランクフルター・アルゲマイネ紙による「2018年度トップワイン醸造者賞」を授与したワイン業界のホープとして注目を浴びています。

1814年設立の歴史ある銘醸ワイナリーとして活動してきたシュタ―ル家。2000年に両親から運営を受け継いだクリスティアンさんは、持続可能なオーガニック法でぶどうを栽培し、最高級ワインを生産しています。シルバーナ、シャルドネ、ミュラー・トゥルガウなど白ワインのスペシャリストとして現在、年間25〜30万本ワインを生産し、高級レストランやホテルを中心に販売しているそうです。モットーは「自分が美味しいと感じれば、客にも美味しさが伝わるはずだ」と言います。

■ウィンザーホフ・シュタ―ル/Winzerhof Stahl
住所:Lange Dorfstrasse 21, 97215 Auernhofen
電話:0049-09848.96896
URL:www.winzerhof-stahl.de

多角経営で地元民に人気のワイナリー・クレーマー

ステファンさんの両親と共に家族経営のワイナリー・クレーマーはアットホームな雰囲気に包まれている ステファンさんの両親と共に家族経営のワイナリー・クレーマーはアットホームな雰囲気に包まれている

1989年よりぶどう畑と農作をオーガニック製法に方向転換したステファンさんを中心に妻のシモネさんと共に70ヘクタールの農地で酪農、養蜂、ワイン用ぶどう、小麦やディンケル(スペルト小麦)を生産しています。

ワインは、主にシルバーナーやミュラー・トゥルガウなど白を生産し、赤ワインはピノ・ムニエやロゼも手がけています。高品質かつ安心して口にできる商品をモットーに掲げ、自然にこだわっているそうです。自宅の直営店では、ワインの他、自家製小麦やディンケルを使って焼いたパンやはちみつ、農作物や牛肉を販売し、地元民の人気を集めています。

■有機農作物とワイナリー・クレーマー/Familie Kraemer Oekologischer Land- und Weinbau
住所:Lange Dorfstrasse 24, 97215 Auernhofen
電話:0049-09848.96845
URL:www.kraemer-oeko-logisch.de/

兄弟で経営するワイナリー・バウマン

オーガニック認証デメテールも認めたバウマンワインの誇り オーガニック認証デメテールも認めたバウマンワインの誇り

このワイナリーを経営するバウマン兄弟は、趣味が高じてワインを生産するようになり、月曜日から金曜日まではビジネスマンとして勤務し、週末や休暇を利用してワインを造っているそうです。

「ワインは文化だ。ワインは情熱を注ぎこんだ成果だ」というミヒャエルとマテイァス・バウマン兄弟です。有機にこだわり、オーガニック認証のデメテ―ルラベル付きワインが誇りと言います。

白、ロゼ、赤ワインの4種類のみ生産。週末限定でオープンのレストランとペンションも経営しています。

■ビオワイン・バウマン/Biowein Baumann
住所:Herrenbergstrasse 7, 97922 Gerlachsheim
電話:0049-09343.614029
URL:https://bioweingut-baumann.de/

ワインゲルトナー・マルケルスハイム協同組合

タウバーシュヴァルツを求めてわざわざ国内外から買い求める訪問客も多いそうです タウバーシュヴァルツを求めてわざわざ国内外から買い求める訪問客も多いそうです

温泉地として知られるバード・メルゲントハイムに属するワインの生産地のひとつがマルケルスハイムです。

ヴァインゲルトナー・マルケルスハイム協同組合の本社はここにあります。ここでは通常のワインぶどうの他、珍しいタウバーシュヴァルツが栽培されているのが特徴です。

タウバーシュヴァルツはタウバー渓谷だけで造られているぶどう品種のため、チャンスがあれば是非味わってほしいワインです。口あたりもよく、海外でも人気のワインです。

■ワインゲルトナー・マルケルスハイム/Weingaertner Markelsheim eG 
住所:Scheuerntorstrasse 19, 97980 Bad Mergentheim / Markelsheim
電話:0049-07931 / 90 60 - 0
URL:http://www.markelsheimer-wein.de

バーデン地方ベックシュタインワイン共同組合

お土産にも最適、日本観光客にも大人気のボックスボイテル瓶ワイン お土産にも最適、日本観光客にも大人気のボックスボイテル瓶ワイン

ベックシュタインワイン共同組合は、バーデン地方のベックシュタイン地区で生産されるワインの協同組合。組合員は、周辺の21地区に存在する450に上るワイナリーだそう。ぶどう栽培総面積は300ヘクタールに上り、バーデン地方では3番目に古いワイン協同組合と長い歴史を誇ります。

ここではタウバー渓谷の南から南西に及び、太陽を一杯浴びた美味しいぶどうでワインが生産されています。白はリースリング、バッフスなど8品種、赤はタウバーシュヴァルツ、シュペートブルグンダーなど4種類を提供しており、言うまでもなくタウバーシュヴァルツは大好評です。

■ベックシュタイナーウィンザー/ Becksteiner Winzer eG
住所:Weinstrasse 30、97922 Beckstein
電話:0049-09343.5000
URL: https://www.becksteiner-winzer.de/

ブルグンダーに最適の土壌で生産するワイナリー・ベンツ

何種類か飲み比べて、自分の好みのワインを探すのも試飲の楽しみ 何種類か飲み比べて、自分の好みのワインを探すのも試飲の楽しみ

ベックシュタイン郊外にあるワイナリー・ベンツの強みは、ワインぶどう品種ブルグンダーに最適の土壌と言われる「貝殻石灰岩(ムッシェルカルク)」を生かして赤や白ワインを生産している点です。

20万本のワイン用ぶどうの木を有し、フランケン地方特有のボックスボイテル瓶も人気です。ホテル、レストランも経営しています。タウバーフランケンに属するワイナリーですが、位置はバーデン地方に属します。ボックスボイテルは通常フランケン地方で多く見られますが、このワイナリーでも提供しています。

■ワイナリーベンツ/Weingut Benz
住所:Im Walterstal 1, 97922 Lauda-Koenigshofen Ortsteil Beckstein
電話:0049-09343.4523
URL: https://www.weingut-benz.de/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/10/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索