page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

掲載日:2017/11/13

イベントに行こう!季節別ベルリンのアート・カルチャーイベント情報

ヨーロッパ屈指のアートとカルチャーの街ベルリンはイベントがとっても盛ん。常に何かしらのイベントが開催され、1年中盛り上がるベルリンは、お祭り好きにはたまらない街です。特に芸術や文化に関係するイベントも目白押しで、年齢問わず多くの参加者に親しまれるイベントが多数開催されています。毎年恒例イベントのハイライトを季節ごとにご紹介します!

カテゴリ:イベント エリア:ヨーロッパ  ドイツ  ベルリン キーワード: セレブ 美術館 博物館 祭り 映画 フェス ミュージック 野外

「カルネバル・デア・クルトゥーレン」で春の訪れを祝おう!

「カルネバル・デア・クルトゥーレン」で春の訪れを祝おう!

「Karneval der Kulturen(カルネバル・デア・クルトゥーレン)」はドイツ首都ベルリンで長い冬が終わり、春の訪れを感じる5月に開催されます。全4日間、140万人以上が参加するカーニバルは国際都市ベルリンの多様性を祝うイベントです。

フードエリアは世界各国のストリートフードが集まり、ライブなど音楽パフォーマンスも連日企画されまさにお祭りムード。カーニバルのハイライトはさまざなま国の文化のパフォーマンスが見られるパレードです。「カルネバル・デア・クルトゥーレン」は春の定番のイベントです。

料金:無料
詳しくは:http://www.karneval-berlin.de/en/

「ロングナイトミュージアム」で夏の夜はアート三昧!

「ロングナイトミュージアム」で夏の夜はアート三昧!

「Lange Nacht der Museen( ロング・ナイト・オブ・ミュージアム)」はベルリン市内の美術館や博物館など実に80か所以上の文化施設が午後6時から深夜2時まで開館し様々なイベントを企画する、毎夏恒例のイベントです。有名な博物館からちょっと変わったギャラリーまで、参加施設のジャンルは様々!お気に入りの施設に行くのもよし、気になってたあの施設を覗いてみるのもよし。楽しみ方はあなた次第!

世界中120都市以上で開催される有名なこのイベントは、ベルリンが発祥。「ロング・ナイト・オブ・ミュージアム」はベルリンにアートと文化の街という称号を与えるにふさわしいイベントです。市民にとっても重要な恒例イベントの一つです。

料金:一般18ユーロ(他割引あり)
詳しくは:https://www.lange-nacht-der-museen.de/en/

秋の夜長は「フェスティバル・オブ・ライツ」

秋の夜長は「フェスティバル・オブ・ライツ」

「フェスティバル・オブ・ライツ」は、毎年恒例の秋のイベントです。200万人以上の来場者が毎年世界中からやってくる人気イベントです。ヨーロッパのアーティストたちがプロジェクションマッピングなどのテクノロジーを駆使し、ベルリン中のランドマーク30カ所近くをライトアップし、その腕を披露します。

ハイライトはベルリンの象徴でもある「ブランデンブルグ門」。この会場ではライトショーのコンテストも開催されます。例年10月に開催される「フェスティバル・オブ・ライツ」は少し肌寒くなってきた秋の夜を見事に照らしてくれます。

料金:無料
詳しくは:http://festival-of-lights.de/en/

世界最高峰!冬は「ベルリン国際映画祭」でセレブ気分

世界最高峰!冬は「ベルリン国際映画祭」でセレブ気分

ベルリン国際映画祭(通称ベルリナーレ)は、カンヌ国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭と並び世界三大映画祭のひとつ。毎年2月に開催されるベルリン国際映画祭は400本以上の作品が出品される大規模な映画祭で、世界中から優れた映像作品が集められます。出品される作品はハイレベルなことでも知られ、最高峰である金熊賞の行方が毎年大変注目されます。

会場はベルリン中に20か所以上ありますが、レッドカーペットが設置されるメイン会場はポツダマープラッツにあるベルリナーレパラストです。世界中からセレブが参列するため、その姿を一目見ようと多くの人が押し寄せ、映画祭らしいきらびやかな世界を垣間見ることができます。

料金:プログラムにより異なる
詳しくは:https://www.berlinale.de/en/HomePage.html

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/11/13)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索