page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

掲載日:2018/09/25

ドイツの古都ハイデルべルグのロマンチックな休日

ドイツ最古の大学があり、「学問の街」としても知られるハイデルベルクはドイツでも指折りの観光地です。ネッカー川沿いの城下町を見渡すハイデルベルグ城が織りなす風景はまさに中世のヨーロッパを思わせます。日本からもアクセスの良い大都市フランクフルトからは電車で約1時間、ロマンチックなハイデルベルクの絶景を中心に観光におすすめなスポットご紹介します!

カテゴリ:スポット エリア:ヨーロッパ  ドイツ  ハイデルベルク キーワード: 絶景 遺跡 観光地 自然 名所 アクティビティ

川沿いにそびえ立つハイデルベルグ城

川沿いにそびえ立つハイデルベルグ城

ケーニヒストゥールの丘の上には、ルネッサンス建築の傑作として名高いハイデルベルク城は街のシンボルです。ハイデルベルク観光のハイライトでもあり、ネッカー川にかかる橋の上から臨むハイデルベルク城は、絶景ポイントのひとつ!ハイデルベルグはゲーテなどの文化人とのゆかりもあり、美しい自然と壮大な建築が作り出す風景は多くの人々にインスピレーションを与えてきました。

カールテオドール橋

カールテオドール橋

カールテオドール橋は街で最も古い橋で、煉瓦造りのデザインが印象的です。橋の上からは、ハイデルベルク城を望むことができ、一番人気の撮影スポットでもあります。

のどかなネッカー川をクルージング

のどかなネッカー川をクルージング

緩やかに流れるネッカー川沿いには可愛らしい建物がたくさん並んでおり、とてものどかな雰囲気。クルーズ船に乗って船上からハイデルベルグの景色を楽しむのも観光客に人気のアクティビティです。

ドイツの三大名城「ハイデルベルグ城」

ドイツの三大名城「ハイデルベルグ城」

今や廃墟となったレンガ色のハイデルベルグ城は、14世紀に建造され、増改築を重ね、ゴシックやルネッサンスの様々な建築様式が残っているのが特長です。ハイデルベルク城はドイツ三大名城の1つで、国内外から多くの観光客が訪れます。ハイデルベルク城の敷地内には見所がたくさんあり、世界で一番大きな酒樽が保管されているほか、古代の薬から21世紀の薬を紹介している「薬事博物館」もあります。

丘の上からの景色はプライスレス

丘の上からの景色はプライスレス

旧市街からハイデルベルグ城のテラスにつながる坂道を頑張って登るとお城と橋を一緒に眺められる絶景スポットが!テラスからは見下ろすレンガ色一色のハイデルベルクの街並みや、ネッカー川にかかるカールテオドール橋が一望でき、まるで絵葉書のような絶景が拝めます。テラスは綺麗に手入れされており、気持ちいい晴れの日は散歩にもぴったり!ロマンチックなひと時が過ごせるでしょう!

ハイデルベルク城のある丘の上へは歩いても行けますが、ケーブルカー(ハイデルベルク登山鉄道)が楽チン!ドイツで最も古い電動ケーブルカーにぜひ乗ってみては?

アルトシュタット(旧市街)は見所がたくさん

アルトシュタット(旧市街)は見所がたくさん

ハイデルベルグのアルトシュタット(旧市街)は石畳の街並みが続き、まるで中世ヨーロッパの街に迷い込んだかのよう。観光スポットは旧市街地に集まっており、街もそこまで大きくないので、1日あれば満足に観光できます。1386年創立のドイツで最も古いハイデルベルグ大学は多くの有名な学者たちが教鞭をとり、現在もドイツでトップクラスの大学として知られています。旧市街にキャンパスがあり、一部施設を見学もできます。

賑やかなマルクト広場でひと休み

賑やかなマルクト広場でひと休み

旧市街の中心部に位置するマルクト広場には、教会や市庁舎などがあり、観光の拠点として多くの人々が集まり、カフェやレストランもたくさんあるのでいつも賑わっています。指定の曜日には朝市が開かれ、街の活発な様子も垣間見ることができます。

路地裏でタイムスリップ気分を味わう

路地裏でタイムスリップ気分を味わう

常に観光客でにぎわうメイン通りとは打って変わって一本路地に入れば、中世ヨーロッパに迷い込んでしまったかのような街並みに心奪われるでしょう。気の向くままに散歩するのもハイデルベルグの旧市街の楽しみ方。

いかがでしたか?いかにもヨーロッパらしいロマンチックな風景に虜になるはず!次のドイツ旅行はハイデルベルグで決まり!

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/09/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索